タグ:movies ( 12 ) タグの人気記事

人間失格

c0063808_14625100.jpg
ムナーリを読んで清々しくなったあとですが、笑
観てきた映画は『人間失格』です。
生田斗真さんが初映画・初主演で上映前から
かなり話題になっていた映画。
上演したてということもあって、ファンらしき方々が
たくさん観に来られてました笑

私は、あの太宰治の『人間失格』
どのように映画化されているのか観たくて行ってきたんです。

小さい頃から本を読むのが好きで
中・高ぐらいのときにハマって
太宰も三島も谷崎も中原中也も寺山修司も、
その時代のアングラな文学を読みあさったものです。
中でも太宰治の『人間失格』は衝撃的で
退廃的過ぎて、何度も何度も読み返していました。
今売られている文庫の行間はどうか知らないけれど、
私が持っている文庫の行間は少し余裕のあるもので、
文章の間(ま)と合っていたからよけい、頭の中に情景が流れやすかったのも
あると思います。

それだけ思い入れの強い作品だったので、ちょっと辛口目線かも笑
内容は読んだことのある人ならご存知だと思うのであえて書きません。
ちょっと違う所もあるけれど、それは仕方なし。
『ロミオ&ジュリエット』までとはいかないけれど、
台詞がちらほらと原作と同じでちょっと感動しました。
キャストも当たり役で、誘い込む伊勢谷友介さんの堀木や
原作には登場しない中原中也(役 森田剛さん)、
主人公 葉蔵を取り囲む女性陣もハマってたと思います。
生田斗真さんの葉蔵は爽やかに男前過ぎたかも笑
どうしても、本人がモデルだったのでは?という説で、
太宰治のどうしようもない憂鬱な
小首を傾げた顔がでてきてしまうので。。。

    人間、失格。
    もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

この作品の中で私がやっぱり一番印象に残る文章。
映画では「堕ちていくほど、美しい」というコピーが
つけられています。
こういった刹那的な何かに魅かれる心情、
私は実際観てきたわけではありませんが、
その時代のなせるものなのかもしれません。

そんな様子を垣間みることができる映画だと思います。
太宰が好きな方も、初めての方も、
観る前に一回読んでから行ってみると、
スムーズに観ることができるかも。
大貫妙子さんの『アヴェマリア』も必聴です♪

女からどうしようもなく魅かれ
堕ちる葉蔵をどうぞご覧ください◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-23 14:00 | 映画

食堂かたつむり

c0063808_19485719.jpg
日曜日、旦那さんはまたも忙しくなってきてお仕事へ。
私は西宮に用事があって、ついでに観てきちゃいました!
『食堂かたつむり』
映画館の告知映像で知って、テレビで知って、
観てみたいな〜と思っていた映画。
旦那さんは興味がなさそうだったので、平日に一人で観にいこうかな〜と
思っていたのですが、
チケットもうまく好きな席が取れたので、
久しぶりにお一人さま映画です。

学生のときは、朝イチとかレイトショーとかオールナイトとか
よく一人でふらりと映画を観に行っていたのですが、
旦那さんがなんでもかんでも映画が好き!な訳ではないので
自然と遠のいていました。
が、
昨年末に『THIS IS IT』を観に行って以来、
私の映画熱が再来です◎
しかも2月いっぱいはTOHO CINEMASのお得な年賀状割引が利用できるので
わ〜い!です♪
もう何回か利用しよ〜◎笑

で、『食堂かたつむり』
内容はネタバレになるので書き込みませんが、ご了承ください。
淡々と時間が過ぎるような感覚が最初にあって、
もしかして、ずっとこんな調子かな?と思っていると
後半、花が次々と咲いていくように物語が進みます。
映画中に出てくるコラージュを使った映像が
私はとっても好きで、そこにぽこっとハマった
柴咲コウさんや余貴美子さんがめちゃくちゃかわいい〜♪
私もお料理を作るのは大好きなので、
つい食器や食材にこだわってしまいますが、
出てくるレシピのスクラップブックや、
手作りな食堂、使われる食器や食材がいちいち可愛くて
私もこんな風にしたいな〜と思ってしまいます☆

主演の柴咲コウさんはご自身もお料理を作ったりするのが好きで、
できるだけムダな物の使い方をされない方だと知っていたので
物語の女性にぴったりで、小説を先に読んでいらっしゃる方も
納得だったのではないでしょうか?

料理を作られる前に食材に対してされる所作。
私の父が今の自宅で無農薬野菜をたくさん作っていて
それらをいただく度にムダのないように、感謝の意を込めて、
どこまでも食べちゃおう!という気持ちで料理をするのですが、
そんな気持ちの大切さを改めて想いました。
美味しくできますように、美味しく食べてもらえますように。
食べることって毎日何度もあることだから
手を抜いたりすることっていくらでもできるけれど、
やっぱり自分の体も心も支えるものだから
めちゃくちゃ大切なことだなぁと感じます。
どんな所作をされているかは、どうぞ映画をご覧くださいね◎

2月に入ってから旦那さんのお昼のお弁当を復活したのもあって、
何を作ろうかな〜と考えることが増えましたが、
この映画を観て、増々作る楽しさと喜びを感じれそうです◎
日々、穏やかに丁寧に過ごしたいな♪

『南極料理人』といい、『食堂かたつむり』といい
邦画は食がテーマになっているものばかり観てるな〜笑
次は何観に行こ〜♪


[PR]
by juri_ri | 2010-02-07 19:25 | 映画

Dr.パルナサスの鏡

c0063808_14584542.jpg
上演初日に映画観に行くなんて初めてかも笑
テリー・ギリアム氏監督『Dr.パルナサスの鏡』
珍しく旦那さんがこれは観たいなぁ!と言っていた映画。
私は教えてもらって、こんなファンタジー大好き!となっていました♪

この映画は出演していた俳優ヒース・レジャー急逝のため、
撮影が中断、一時完成が危ぶまれたもの。
そこにヒースと親交のあった
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが
代役を務め、映画は完成。
ヒース・レジャーの遺作となりました。
私は定期購読している『VOGUE』でこのことを読んでいて、
代役の三人が出演料全額をヒースの娘に寄贈していることを知って
(その時はどんな映画かわかってなかったけれど)
すごい!って感激したことを覚えています。
同じく出演しているモデルのリリー・コールのインタビューも
読んでいたっけ。笑

上映されたばかりでネタバレになるので物語の内容は書き込みませんが
ちょっとシュールなファンタジーなので、
児童文学が原作になっているのかな?と思っていたのですが、
監督テリー・ギリアムと脚本家チャールズ・マッケオンの
オリジナルストーリーは
是非、ちゃんとした本にもしてほしいぐらい興味深いものでした!
このコンビって「未来世紀ブラジル」や「バロン」の組み合せなんだ!
あの映画も興味深いものだった!

観ながら、自分のimaginationの世界がどんなで、
こんなふうにもっと体感できるような空間に創れたら!
そして、どんなchoiceをするのか?!
ということを終始考えてしまいました。笑
映画の中のimaginationの世界がどんな世界かは
どうぞ、映画をご覧ください◎

ヒース・レジャーの役を引き継いで演じている、
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル。
あまりにも自然な登場で、はじめっからこんな演出だったのでは?!と
知らなければ思うぐらい。
見所は満載です☆

DVD出たら欲しいな〜◎


[PR]
by juri_ri | 2010-01-23 14:57 | 映画

THIS IS IT

c0063808_23202562.jpg
今さら?!ですが笑
旦那さんと観に行ってきました♪
第一回目の上映時は旦那さんも仕事が忙しく、
インフルのこともあるので映画館かぁ〜と思っており、
私にMichael Jacksonを教えてくれた母が
DVDを必ず購入すると言ったので、それを待とうかな〜などと
思っていました、が…。
再上映が決まり、旦那さんもお休みに入り、
ちょっとMichaelに興味を持ってくれたので
(うちの旦那さん、洋楽にあまり興味がありません!)
これは行かねば!と思い、無事行けました◎

初上映の頃は満席で、日本でも拍手喝采、standing ovationだったり、
手拍子、歌う、泣く…などかなりの反響があったそうですが、
ちょっと離れたミニシアター、観客は20人ほど。
ゆったりと観れるからいいか!っと思い、上映。

最初でもう泣きました。。。笑

そして、全部知ってる曲ばかり♪
曲に合わせて、つい身体を揺らしてしまいます♪
この大画面で静かに観るなんて、そりゃ無理やわ〜!
もったいない!

もともと洋楽好き、Michael大好きの母の影響から
小さい頃から聴いていた歌声。
ライブにはさすがに行けなかったけれど、
CDやビデオ、Tシャツなどが数多く実家にはあります。
Diana Ross主演のミュージカル映画『THE WIZ』なども思いだす!
「オズの魔法使い」のアレンジで、
中学ぐらいときに探し出してMichaelのカカシ姿観たな〜♪
奇行が騒がれたときも母と「子どもの純粋さを持ってる人だ!」と
言ったりもしてました。

上映されているMichaelは歌声もダンスも昔のままで、
今さらながらに以前の音源やPVをどんどん聴きたく観たくなる感。
ネタバレになるので詳しくは書き込みませんが、
「love」や「God bless you」と何度も言っていたMichaelが印象的でした。

上映後、泣いてた私に旦那さんはびっくり!笑
そして、そこまで知らなかった旦那さんは
家に帰ってからMoonWalkの練習をしている有様です笑
しっかり影響されて帰ってきましたね♪
しめしめ!

母ももう一度行こかな〜!と言っていたので、
私も行こうかな〜と思います◎


[PR]
by juri_ri | 2009-12-29 23:19 | アートなご案内

南極料理人

c0063808_15144931.jpg
もの凄く久しぶりに旦那さんと映画館に行ってきました笑
映画は『南極料理人』
気になってはいて、ちょうど梅田Loftの地下で上映されてるのを見て
旦那さんが珍しく「観る?」と聞いてくれたので
「観る〜!!!!!」となりました♪

テレビでこの原作の西村淳さんのユニークさに魅かれて、
ちょうどこの撮影入られる準備をしてらっしゃる
堺雅人さんを「情熱大陸」で観ていました。
この映画の為に料理の訓練をし、
体重を8kg増やしたそうです!すごい!
他のキャストの方々を全く知らないまま観たのですが、
生瀬勝久さんやきたろうさん、豊原功補さんの
キャラの濃さに爆笑です。

125分の長さですが、全く、まったくそんな長さを感じさせません!
あっという間に終わってしまいました。
面白くっていっぱい笑って、ちょっとほろっともして、
出てくる料理をみて、お腹がすいて笑
邦画を観るのも久しぶりだったけれど、
爽快な気持ちで見終われてほんと面白かったです♪

印象に残る場面や台詞がたくさんあって
しばし、旦那さんとそんなやり取りが再現笑
ネタバレになるので詳しく書きませんが、
登場される8人8様のストーリーがあって、
そんな中の台詞をふとしたときに言い出してしまいます笑

その日の最終上映をみて、
晩ご飯何食べる?!となったとき、
エビフライかラーメンを思い立ち、
芦屋に帰って大好きな『ふうりん』
ラーメンをいただきました♪
映画を観たなら、きたろうさんのあの台詞が出てくると思います笑

DVDが出たらもう一回観たいなと思えた映画。
ユニコーンの主題歌と阿部Bの音楽もよかった♪
原作も読んでみたいな◎
連れてってくれてありがと、旦那さん!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-24 15:13 | 映画

オーシャンズ13!

c0063808_15273444.jpg
10.Aug.2007
起きたらお昼だった。。。
お盆休みのない旦那さんが
一日平日にお休みを取った。
せっかくの休みをどう使うか悩んだあげく、
『オーシャンズ13』を観に行くことに。
『オーシャンズ12』まだ観てないんだけど、
まあいいか笑。

George Clooney、
『ER』に出てた頃から好き。
あんな小児科医いないと思う!
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
『素晴らしき日』
『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』
『オーブラザー』『ソラリス』
などなど観てる。
『グッドナイト&グッドラック』も観たい映画。
この人が出てるならとりあえず観てみたいなぁと
思える俳優。
あんなに憎めない浮世男はいない!
そして、
Brad Pitt!
『テルマ&ルイーズ』から
『リバー・ランズ・スルー・イット』
『トゥルー・ロマンス』『カリフォルニア』
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』
『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』
『セブン』『12モンキーズ』
『スリーパーズ』『セブン・イヤーズ・イン・チベット』
『ジョー・ブラックをよろしく』
『ファイト・クラブ』『スナッチ』
『ザ・メキシカン』『スパイ・ゲーム』
『トロイ』
めちゃくちゃ観てるな〜私。。。
もう一人、ものすごく好きな俳優、
Robert Redfordの再来と言われて、
Robert Redford監督作の
『リバー・ランズ・スルー・イット』で観て
ほんといい感じだと思ったのを覚えてる。
それからは面白い役もかっこいい役も
どうしようもない役もいろいろ観てる。
この人が出てる映画もとりあえず観たい!って
思う。
そんな思い入れのある二人が出てるんだから、
しかももう面白いってわかってるから、
ハマり役だってわかってるから、
観てて楽しくないはずがない!
『オーシャンズ13』
プレ公演で観れてよかったです☆
Al Pacinoも観れたし、
Andy Garciaも観れたし、
壮快で、軽快で、
終わった後ニヤニヤしてしまった!

最後のシーンの台詞はアドリブだったのかな?笑

『セブン』のときも思ったけれど、
ブラピが紙コップ片手に
飲み物飲んでるしぐさが
私はなんだか好きだなぁ。

[PR]
by juri_ri | 2007-08-10 23:35 | 映画

魔笛

c0063808_2112477.jpg
今日、休憩中にふらりと寄った
『シネ・リーブル神戸』
好いフライヤー見つけた!

最近映画を見に行きたくて、
でも、何処に映画館があるのかよくわかってなくて。。。
メジャーな感じじゃなくて、
ミニシアター系って何処だろって思って聞いてみたら、
意外と仕事先の近くにぽこぽこあるようで、
嬉しくなった。
京都はミニシアターがどんどん無くなっていくか、
バイクとかじゃないと面倒くさい場所にあったから。
(みなみ会館とかね。笑。
めちゃよく行ったけど、オールナイトとかして♫)

『モーツァルト最高傑作オペラの完全映画化』
フライヤーにそう打ち出されている。
映画の中で歌われてもなぁと
最初思っていたけれど、
『監督・脚本ケネス・ブラナー』の字をみて
「これ、観なぁ!」ってなった。笑。

ケネス・ブラナーを最初に観たのは
『ヘンリー5世』
エマ・トンプソンも好きで、
時代物も好きなので、
母と観ていたように思う。
それから、『愛と死の間で』
『から騒ぎ』『フランケンシュタイン』
『アル・パチーノのリチャードを探して』
『ハムレット』『相続人』
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
などなど観ている。
紳士的でユーモアが溢れる表情が
とても好き。
シェイクスピア好きなのは知っていたけれど、
次はオペラなんだ!

ついこの間まで
もう一人好きな俳優、
ロバート・レッドフォードの映画を
散々TSUTAYA DISCASで借りていたので、
この機会にケネス・ブラナーの作品を
観直すのも好いかもしれない。

久しく映画館に行っていなかったので、
これからはいろいろcheckして行きたいな。
ちなみに教えてもらったことで驚いたのは、
レディースデイが神戸は木曜らしい。ということ。
京都は水曜だった。
地域によって違うんだ!

[PR]
by juri_ri | 2007-06-22 21:12 | 映画

『デブラ・ウィンガーを探して』

c0063808_10182199.jpg

朝から映画を一本。
女優ロザンナ・アークウェットが撮ったドキュメント。
仕事と家庭、女優としてどう年齢の重ね方をするのか?
ご本人がインタビューをし、
たくさんの女優の言葉を記録した
物語とも言えそうなもの。
ご本人の言葉を借りるなら
journey
面白かった。
私は女優ではないし、まだ子供もいないので
経験として重なる部分はまったくないけれど、
美しく年齢は重ねてゆきたいと思う。
ただただ過ぎて行くのでは決してないと
思うから、意味のある、意味のあった
時を過ごしたいと思っている。

以前、本で読んだ、
人は生まれてから「生」を背に進んでゆくけれど、
ある時ふと「死」の方向から自分見た時、
残された時間をどう過ごしてゆくかを
考えるようになる。
そうすると目先の欲に走ったりはしなくなった。
という話。
その「ある時」はきっと人によって
違うだろうけれど、
私にはわりとちいさな頃に
その「ある時」は来ていて
そのことに気づくと
毎日を後悔のないように生きること、を
するようになった。
わりとやりたいことはやってしまうし、
言いたいことは言うし、
欲しい物は手に入れる。
そこにはもちろん家族や友人たちの
協力があって、感謝して、
私にできることがあるならなんでも!
と思い、過ごしている。

映像をみて
遠からず近からずで
また考え直してみた。
女優たちは台詞ではなく
自分の言葉で雄弁に語っている。
そんな風に自分を話せるように。




[PR]
by juri_ri | 2007-03-03 10:20 | 映画

毎週欠かさず。

『what i like about you』
邦題「恋するマンハッタン」
↑どうにかもっとマシなタイトルつけれなかったのかな?!
映画じゃないけれど、
毎週欠かさず観ている。
いわゆる海外ドラマです。
ERやX-FILEみたいな。

私が初めて海外ドラマを見たのは
きっと幼稚園生の時か幼稚園入る前。
父がめちゃ仕事人だったので、
(今もだけど。。。)
帰りが遅く、寝ないで母や兄と一緒に
待ってるときに見てた気がする。
覚えてるのは
『白バイ野郎ジョン&パンチ CHiPs』
『ナイトライダー』
『奥様は魔女』
観出したら止まらない。
毎日何かしら観てたんじゃないだろうか?!
あと『スタートレック』シリーズはかなり見てるはず。
今でも再放送があれば見たりしてる。
『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』
『ER』や『ツインピークス』は英語の勉強をするのに
わざと英語で観ていた。
もうあげだしたら切りがないほど
観てるなぁ。
コレも全て映画好きの母のおかげだと思う。
逆に友達と話せなくて困ったけれど。
高校ぐらいからは『ビバヒル』や
『ツインピークス』がかなり話題になったので
海外ドラマ好きの友達もできるようになった。

今回の『恋するマンハッタン』
『ビバヒル』でケリー役をしていた
ジェニー・ガースが出ている。
『ビバヒル』で一番好きだった!
シリーズ的には第二弾に入ったようだけど、
これからも楽しみだ。
いつもN.Y.map片手に
場所を照らし合わせながら観てる。
『Sex and the City』も
そんなことしてた。

お願いだから放送上の都合とかで
途中で終わるのだけは止めて欲しい。
過去何回、途中で放送がなくなったことか。。。
海外の物だからってそれはないよ!



[PR]
by juri_ri | 2007-02-25 19:00 | 映画

『ネバーランド』

c0063808_22225520.jpg

TSUTAYA DISCASをフル利用して
最近時間があると映画を観ています。
借り放題プランなのでね☆

今日観たのは
ジョニーデップ主演『ネバーランド』
名作「ピーターパン」が書き上がるまでを
映画にしたものです。
大人の心と子供の心、
イマジネーションや信じる心に
とても魅かれる私にはすてきな映画でした。
ジョニーデップの演技もいいけれど、
子供たちの表情にも圧巻です。
実際に子供の想像力には
計り知れない魅力を感じるし、
大人であっても持っていたいと思います。
持ってたっていいじゃない!と思います。
逆に大人びた子供と出会うとさみしくなります。
どんな風にこの心に辿り着いたんだろう?と。
「ピーターパンシンドローム」ではありませんが、
(大人になることを否定しているのではないので)
今この世界にあるたくさんの物は
いろんな人が思いを馳せて巡らせて
描いて作り上げられた物だと思うので
イマジネーションや信じる心は大切にしたいなと思います。

この映画で出てくる「ピーターパン」は
ディズニーアニメのものでしたが、
私はずいぶん前に原作の「ピーターパン」を
読んでいました。
もちろん、著者は映画の登場人物の
ジャームズ・バリーという方です。
この原作、ファンタジーではありますが
少し悲しい物語になっています。
今日映画を観たので
もう一度読み直そうかと思っていますが
今回のこの映画のような事柄から
書かれたものなのかは
イマジネーションの世界に行かないと
いけないかもしれません。

読み出したら今度は
アンデルセンやグリムを読みたくなるかもしれないな。
「あしながおじさん」や「若草物語」
「果てしない物語」や「モモ」も
読みたいんだよね。
「ハリポタ」や「エラゴン」も読みたいし。
映画も観たいし、
時間は足りないな〜。



[PR]
by juri_ri | 2007-02-21 23:07 | 映画