タグ:architecture ( 60 ) タグの人気記事

LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)

c0063808_14125347.jpg
電話でお取り置きをお願いしていた
『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんの
「ショコラ・ドゥ・シャンパーニュ」
器も小粒なショコラもめちゃ可愛い☆

東京・六本木ヒルズにあるお店ですが、
大阪で一部取り扱ってらっしゃるお店があり、
ふらりと立ち寄るのですが、
昨年からヴァレンタイン商品も届くようになったみたいで、
嬉しい限りです♪

旦那さんも『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんの
ショコラが大好きなので、東京に行くと私に付き合って寄ってくれます◎
なので、今回のこの「ショコラ・ドゥ・シャンパーニュ」は
ちょっと楽しみにしてたのでした☆
何せ、遅い仕事帰りにシャンパン、とまではいかなくとも、
スパークリングワインを買ってきてくれたのですから♪
事前にシャンパンも一緒に用意しておけばよかったな〜☆

肝心のショコラはパウダーシュガーの甘さがしゅわっと口の中に広がって、
そのあと滑らかにほろ苦いシャンパンのガナッシュが!
やっぱり、好きだな〜♪
『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんのショコラ!
旦那さんも「やっぱり、美味しいな〜」と言いつつ
スパークリングワインとともにぺろりといただいてはりました◎
もう2個ほど購入しとけばよかった笑

一粒ずつチョイスできるショコラもあるのですが、
少し種類が減っていたので、
取扱がなくならないようにお店を利用したいと思います笑
これで焼き菓子も扱ってくれれば最高!なのに!
とりあえず、次は赤ワインショコラを目当てに行こう☆


[PR]
by juri_ri | 2010-02-18 14:11 | 美食倶楽部

スカイビルクリスマスツリー☆

c0063808_844926.jpg
日にちが前後したけれど、先日、梅田『スカイビル』
クリスマスツリーを観に行ってきました☆
今年も催されていた「ドイツ・クリスマスマーケット」では
アンティークなメリーゴーランドが廻り、
甘〜いグリューワイン(ホットワイン)や
ハーブや薫製されたソーセージ、ジャーマンポテトなどを楽しみ笑
c0063808_8495164.jpg
やっぱり原 広司さんの建築物を背景にツリーを!
この見上げた上に光の輪が揺らめいているの好きです◎
そして、スカイビルにくるとやっぱり「空中庭園」!
c0063808_853485.jpg
昼間の風景もすごいけれど、
三日月も入り、夜景はやっぱりきれいです!
こんなに明るいんや〜大阪って。。。といっつも思ってしまう。
京都ではここまでの夜景を見れないので。
平日だったからか人は少なめ。
観光の外国の方々のほうが多かったかも。

空中庭園を結ぶ上りと下りで二本空中に伸びているエスカレーター。
下りで試しに写真を撮ってみると
c0063808_8555582.jpg
ワープしそうな写真が撮れました笑
面白い!
c0063808_8575630.jpg
c0063808_858984.jpg
オフィスビル側のエントランスの天井は
幾何学模様が並びます。
夜の窓ガラスに反射して、不思議な空間。
原さんの建築物にちょこちょこっと見られるこの模様たち。
京都駅ビルでは長く続くエスカレーターの各階天井に見られます。
こんな遊び心、私は好きです☆
このビルの中には雲がもくもくしてたり、
旗がたなびいていたり、モチーフがたくさん!
楽しい方なんだろうな〜と想像してしまいます♪

ツリーより階段や天井を建築資料に撮っていた旦那さん笑
仕事帰りで、風も冷た〜い日だったのに
連れていってくれてありがとうね♪


[PR]
by juri_ri | 2009-12-23 08:43 | heal

京都クリスマスツリー☆

c0063808_18272044.jpg
写真のグループ展に出展してたこともあり、
毎年、観に来ていた京都駅・大階段のクリスマスツリー☆
今年は出展しなかったこともあり、
観に来ることはできないかな〜と思っていたのですが、
先日、旦那さんと『虎屋』さんに行くため京都へ出向いたので
見ることができました☆
毎年、特に目立って変わることはないんだけれど、
やっぱりこの大きなツリーを
原 広司さん設計の京都駅ビルを背景に見るのが
私は好きです◎
c0063808_18505541.jpg
ガラスのようにピカピカの壁にツリーが反射してます♪
c0063808_18525511.jpg
階段を降りると踊り場から覗く京都タワー☆
白・赤・黄色ってなんとなくChristmas color!
いや、通年でこの色ですけどね笑
今年も大階段のツリー観に来れてよかった☆

そして、同じように毎年見に行っているのが
『梅田スカイビル』のクリスマスツリー☆
こちらも原 広司さん設計のビル。
気づけば、ここ何年かは原さんの建築物とツリーの組み合せを
毎年好んで楽しんでいます笑
なんだか面白い♪
ちなみにスカイビルとツリーの写真は
ただ今このblogの扉写真に使用中◎
こちらはまだ観に行っていないけれど、
クリスマスまでには観に行けそうかな♪
行ったらまた写真を載せたいと思います!


[PR]
by juri_ri | 2009-12-17 18:25 | heal

虎屋菓寮

「虎屋に行きたい!」と言った旦那さん。
少し前に京都の『虎屋』さんの建物が新しくなり、
建築家・内藤 廣さんが手がけられたということを知っていました。
この方、東京ミッドタウンや御殿場の『虎屋』さんも手がけられた方。
ミッドタウンには出来上がってすぐぐらいに行っています笑
二人が共通して見ているURLにこのtopicが紹介されており、
旦那さんも時同じくして見ていた模様。
ということで、またまた京都♪

ランチを「新風館」にある『Cafe Salon』 さんへ。
このblogにも何度か登場している歌をうたっているみかちゃん
が、バイトしています♪
行けるかどうかわからなかったので連絡なしでしたが
会えて、ご飯食べれて満足◎
その足でそのまま烏丸一条通にある『虎屋』さんへ行ってまいりました。
確かに!烏丸に面してるお店もきれいになっていて、
c0063808_221622.jpg

一条通にとってもすてきな『虎屋菓寮』が!
自転車がたくさん停まっていたので上半分で撮りましたが、
c0063808_2235425.jpg
通りに面してる表側もこんな風に素敵な平安家屋のような簀子があり
夏場も心地よく過ごせそうでした◎
中に入るとやわらかに弧を描く木の天井に
光がふわりと灯って、きゃー♪
この日は風も冷たく、よく吹いていたので
こちらではあたたかいお汁粉をいただきました〜☆
旦那さんはつぶ餡の小倉汁粉、
私は白小豆を使った白小倉汁粉。
白小倉は甘さがさっぱりとしていて、かなり好きなお味でした。
テーブルからお蔵やお社のある庭が見え、
京都に関する本や日本画の画集などが自由に閲覧できるようになっていて
ゆっくり、まったり時間を過ごすのにとてもいい空間でした。
そんな風に過ごしたくて来られてるお客様もちらほら。
私たちが少しゆっくりしている間に
空いていたテーブルはほとんど埋まり、
人気がある様子が伺えました。

今回行くことになって改めて知ったのは
『虎屋』さんの発祥の地が京都だということ。
1500年代後期に誕生し、明治維新後に東京へ拠点を移されたそう。
確かに烏丸一条にむか〜しからあるお店ですが、
『虎屋』の羊羹は東京のお土産だと思っていました。。。

お土産に一口タイプの小形羊羹を購入したのですが、
もともとある5種類に加え、
京都限定で白味噌と黒豆黄粉も購入。
その他にも棹状のお菓子や可愛い型のお干菓子があり、
ウキウキしました♪

ここまでなかなか来ることはないけれど、
『虎屋』さん目当てに来たいな〜と思いました。
建物にも和菓子にも大満足◎


[PR]
by juri_ri | 2009-12-13 21:20 | 美食倶楽部

今回のお泊まりは。

今回、旦那さんがホテルを選んでくれました。
良いホテルに泊まるのも建築家として勉強のうち。
というのが、旦那さんの言葉です。
ホテルを設計することもあるので、
前から部屋を採寸し平面図を描き込んではります。
もう結構溜まってきた気もする笑

一泊目『三井ガーデンホテル銀座プレミアム』
ここにお泊まりするの二回目です。
タワーホテルということもあって、16階にロビーがあり、
広く、ゆったりとソファーやインテリアが置かれ、
夜には光輝く東京タワーがとても近くに見えます。
ロビーデザインは、イタリア気鋭のデザイナー、ピエロ・リッソーニ氏。
さすがに写真を撮るのはちょっと恥ずかしいので無しです笑
私たちの部屋の窓からは銀座の街並がよく見えました◎
快眠にこだわったベッドは全米ホテルベッドシェアNo.1の
「Serta」を全室導入。
私は久しぶりに夢も見ないほどの熟睡です笑

二泊目は『ペニンシュラ東京』
c0063808_1644418.jpg
窓からは皇居が見え、奥には武道館の六角屋根が見えます。
ビルの隙間には東京ドームまでみえました!
54平米もある広ーい部屋はトチの一枚板の引き戸で廊下と区切られ、
よりゆったりとした空間になります。
c0063808_16165821.jpg
テレビ横の収納にはLAVAZZA のエスプレッソマシーンが入っていて
びっくりもし、うれしかったです♪
c0063808_16244999.jpg
スギの網代(あじろ)天井も間接照明と相まってとてもきれい。
型押しクロスを使ってる料亭などが多い中、
本物はやはりとても美しいです◎
c0063808_1630731.jpg
廊下にはここが?!というぐらいの広さのラゲッジルームがあり、
チェックイン前に預けた私たちのちいさなラゲッジが置かれていました笑
部屋の両サイドにハンギングバーがあり、
メイクができる卓上にはライトで縁取られた鏡までセットされてます!
c0063808_16383496.jpg
ラゲッジルームの反対側には大理石のバスルーム。
両サイドに洗面があり、シャワーブースが角にあります。
海外資本のホテルなので外国の方が利用されることも多いんだろうな、と
この造りをみて思いました。
長期滞在できるようになってる、と旦那さんと言い、
やっぱり二泊すればよかったね、となりました。
旦那さんはそのつもりだったんですが、さすがに私が止めたんです笑
内装を手がけたのは橋本夕紀夫氏
c0063808_1741985.jpg
翌朝の朝食はルームサービスでいただきました♪
24時間、軽食・洋食・和食・sweetsが注文できるサービス。
運んでいただいたスタッフに聞くと、
やはりルームサービスで食事をされる方が多いとのこと。
窓際で食事ができるようにテーブルがセッティングされてるのも
そのことを考えてだとか。
一番に赤いバラ一輪をテーブルに置かれたのが印象的。
メニューはまずフレッシュジュースを選ぶことから始まり、
卵料理かフレンチトーストか選べます。
卵料理は調理も幅が広く、
付け合わせはハムかベーコンかソーセージかを選びます。
ソーセージはポークか仔牛かまで選べました!
私たちはパンにクロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュ、マフィンの
ベーカリーバスケットを選びましたが、トーストも選べます。
珈琲、紅茶もたくさんの種類から選べ、
ノンカフェインや添えるものに豆乳まで選択できました◎
ケチャップやジャム、はちみつなどはウィルキンソンのもの。
前日の夜3時までにメニューを選んで
ドアノブに掛けておくのですが、メニュー選び楽しかった♪
アーユルヴェーダを取り入れたスパにも力を入れてらっしゃるようで、
ヘルシー志向なスパブレックファストも用意されてました。

旦那さんは会社で会議があったので、少し早めに出ましたが、
私は少しゆっくり。
朝10:30に地下にあるブティックがオープンすると聞いたので
それと同時にチェックアウトしました。
何を買いに行ったのかはまたのちほど笑

旦那さんが東京の定宿にできたら良いね〜♪と言っていたのですが、
きっと次来るときはまた違う泊まったことのないホテルを
視察したくなるんだと思います。

いいとろこ選んでくれてありがとう◎

[PR]
by juri_ri | 2009-10-04 15:26 | heal

赤レンガから学生の街。

c0063808_18274759.jpg
大さん橋から歩くと、赤レンガ倉庫へ。
テレビで見たことある〜!と思いながら、
もっと大きいところだと思ってました。。。
でも京都・舞鶴の赤煉瓦より色素が濃い気が。
中はお店でいっぱい!
日曜だったこともあって人もいっぱい!
食べたことがないと言ったら旦那さんにびっくりされた
『崎陽軒』のシュウマイ。
食べ歩き感覚でないかな〜と思ってみてたら、
赤レンガ倉庫限定シュウマイで予想外な金額だったのでやめてしまいました笑
今、HP見るとそんな金額じゃなかったぞ?!と思っています。
違うのみてたのかな?

で、このお店ではなかったのですが、
鎌倉で食べたソーセージがおいしかったので、
『鎌倉ハム キッチン・カーチス』にて、
c0063808_18372065.jpg
Sプレートを。
その日によって内容が変わるセットのようです。
ハムやベーコン、ソーセージが盛りだくさん◎
その日に帰るなら買って帰るのに〜と思いながら
すっかり暗くなった外を歩くと
c0063808_18414635.jpg
夜景が!
暗くなってわかったのですが、観覧車付近は
遊園地のようになっていてジェットコースターの赤いラインが
とってもきれい◎
もっと早く知ってたら行きたかったな〜と思いつつ、
旦那さんは嫌がるだろうな〜と思いました。笑

電車に乗って、横浜にいる友人とdinner。
私、電車に乗りながらもうここら辺は東京なの?横浜なの?と
わからなくなってたのですが、横浜なんですね。
日吉駅で降りると、そこは学生の街。
慶応義塾大学日吉キャンパスが駅から見えます。
改札出て、信号渡ったらもう大学ってすごい駅近!
連れていってもらったお店は友人が家族でもこられる
雰囲気あるイタリアン♪
普通部通りという名前の道を歩くとあるお店。
普通部通りって慶応の普通部からきてるのね。。。すごいわ。
写真はさすがに撮らなかったので、詳しくはコチラをご覧ください笑
『Ghiotto』
新秋刀魚のカルパッチョや自家製パンもおいしく、
フレッシュポルチーニのタリアテッレや
いくらがふんだんに盛られたスパゲティ、
エゾ鹿のローストなどとっても美味しかったです♪
旦那さんと友人は二人でワインボトルを2本あけて
勧めていただいたグラッパまで飲んではりました笑
デザートもとろっとろで濃厚なティラミスや
梨の豊水を使ったグラニテ、
ビアンコマンジャーレという名のパンナコッタのようなsweetsも
細部に至るまで美味しくて、とてもきれいな盛りつけで
家の近くにあれば良いのに〜!
美味しいお店に連れてってくれてありがとう♪
また関西に来たとき美味しいものを食べようね◎

チェックインが遅くなりましたが
この日のお泊まりはとっても良いホテル☆
旦那さんが選んでいたのでどんな部屋か知らなかったのですが
エラいとことってはりました〜!
それは次回へ。
二日目もよく見て、よく歩いたね。


[PR]
by juri_ri | 2009-10-03 18:24 | 美食倶楽部

横浜大さん橋。

横浜に来たら行ってみたいところがありました。
中華街ではありません。笑
地下鉄・日本大通りで降りて、海に向かって歩くと
見えるこの景色。
c0063808_1714821.jpg
夕暮れだったのでイルミネーションもなく暗い写真になってしまいましたが、
独特な形のコンチネンタルホテルが目立ちます。
そして、行きたかったのはここ↓
c0063808_1715616.jpg
c0063808_17152550.jpg
広がるウッドデッキ!
『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』
過去に行った旦那さんの写真を観て、
そんなに広い範囲でウッドデッキがあるの?!と思っていました。
行ってみてびっくり!
小高い丘のようにウッドデッキが広がります。
こんなところ子どもにはめっちゃ楽しいんじゃない!と思っていたら、
実際はトゲがささることがあるので気をつけてくださいとのこと。
この日は雲って風も強かったけれど、
晴れてたら気持ちいいだろうな〜と思います♪
ちょっとした飲食もできるようになっていたので
絶対良いよね◎

私、ここはただ丘のようなウッドデッキが広がる広場のようなものだと
思っていたのですが、行ってから旦那さんが
ホールや客船ターミナルがあるのだと教えてくれました。
この日はホールでこのような催し物が。
c0063808_17233584.jpg
「横浜開港150周年記念テーマイベント」『横浜FUNEプロジェクト』
横浜港の歴史を彩ってきた実際の船をモチーフに
ダンボール等の素材を使った「FUNE」を市民参加により150艘制作。
わら半紙に色水で作られた色紙がいい雰囲気をだしてます。
複雑な形のホールはこのFUNEでいっぱいになってました笑

このターミナル、建築デザインは国際コンペで
イギリス在住の建築家の手によって設計され、
2000年に完成したそうです。
意外とそんな前のことではないのですね。

夜景が見れる時間まで入れればまた印象が変わったのかもしれませんが、
夜が来る前に赤レンガ倉庫へ◎
連れてきてくれてありがと♪旦那さん♪


[PR]
by juri_ri | 2009-10-02 16:59 | 一建築

横浜へ-日産グローバル本社ギャラリー sanpo

鎌倉で神奈川県立美術館を堪能したあと、横浜へ。
前回から東京に来てから近辺の建物・美術館へ行こう!という
試みが旦那さんの中で始まっており、
時間があれば、他にも『横須賀美術館』(設計:山本理顕 氏)
『群馬県立近代美術館』(設計:磯崎新 氏)を観に行きたいな〜と
言っていたのですが、
私が横浜初なのと、行ってみたいな〜!となったところがあったので
降り立ちました♪
それはここ↓
c0063808_1432995.jpg
『日産グローバル本社ギャラリー』
私の父はずっと日産で働いていたので、
日産車は馴染み深く好きなのですが、
旦那さんにもそれは伝染したようで、
行ってみようよ!ってことになってました笑♪
本社ビルの2Fを通り抜けるNISSANウォーク、
吹き抜けた1Fギャラリーが見渡せます!
c0063808_1595576.jpg
c0063808_15101593.jpg
現役だった時、父はよく横浜に会議出張をしてましたが、
その時はまだ工事中だったそう。
父に見せたいな〜と思い、写真をいっぱい撮ってきました笑

1Fへ降りるとステージにある車以外は自由に
シートに座れるようになっていて、
みんな家族連れでバンバン!乗ってます笑
c0063808_1521267.jpg

ステージ中央にはSKYLINE CROSSOVERが!
旦那さんに聞くと実はこのステージ、
壁面になってる部分が開いて、奥にホールがあるそうです!
すごっ!

実家の車はSKYLINEセダン期が長かったこともあり、
私が初めて運転したのもSKYLINEでした。
なので、やっぱり乗りたくなります◎
旦那さんはCROSSOVER良いな〜と言って、
「未体験のときめきが始まるんやで!」と言ってました笑
テレビCMのコピーです。
私たち夫婦はよく「ときめきが帰ってくる」や
「さらなるときめきへ」などSKYLINEを見る度に
思わずコピーを言ってしまいます笑
どれだけ好きなん!笑
ギャラリーでもSKYLINEクーペ、セダン、CROSSOVER、
ムラーノ、エクストレイル、デュアリス、ティアナ、ティーダなどなど、
乗ってきました♪
ここ、1日楽しめるな〜♪
c0063808_15535314.jpg
こんなのも見つけて、テンション上がります♪
1992年 デイトナ24時間レース優勝車!
砂埃もついたままで、よけいおぉ〜!ってなります。
奥にはダットサンもありますよ。
PIVOも見たかったのですが、どうやらホールに入っていたみたいで
見れませんでした。残念。。。

カフェも併設されていて、グッズも販売されてて
c0063808_15582191.jpg
家族へお土産。
兄が乗ってる白いフェアレディーZ
父にSKYLINEセダンのピンバッジ。
母と私にかわいかったのでマーチのキーホルダー。
nismoのステッカーは一応兄へですが、
鈴鹿などでも買えるものなら私も欲しい笑
一枚で完売だったので。
他にもミニカーはもちろん、デュアリスのロボットもあって
旦那さんとあれ、ちょっと欲しいね!って言ってました笑
もう、欲しいものいっぱい!

あぁ〜楽しかった♪
建築の雑誌にもここは乗っていて、
一般の人が入れないところまで写真にはなっていたのですが、
中もとてもきれいそうで探訪したかったな〜と思います、

次もまだ横浜へ。


[PR]
by juri_ri | 2009-10-01 21:17 | アートなご案内

いざ鎌倉へ。

東京2日目の始まりはGrnaSta 『RISO CANOVIETTA』へ。
自然派イタリアンの旗手、植竹隆政シェフによるリゾットのお店。
前回来た時に美味しかったのでリピートしにきました笑
c0063808_1191559.jpg
私は秋の新作、たっぷりのきのこと九条ねぎ、温泉卵のリゾット◎
旦那さんの魚介とカラスミのリゾットも美味しかった◎

そこから電車で一時間足らず、鎌倉へやってきました。
初めて来た!
駅からもう観光地!って感じです。さすが。
ここへ来た目的は『神奈川県立近代美術館』
少し前まで1日目でみた坂倉準三さんの展覧会が行われていたのですが
もう終わっています。
でも、この美術館の「鎌倉館」は坂倉準三さん設計。
それを観に来たのです。はい、建物探訪です。笑
鶴岡八幡宮の参道の一本横の道を歩くと木々に囲まれた場所が。
c0063808_11233086.jpg
そこに『神奈川県立近代美術館』「鎌倉館」がありました。
最初見た時、小さぁ〜!と思ったのですが、
四方を建物に囲まれた中庭と鶴岡八幡宮に繋がる蓮の池をもつ
広い敷地でした!

展示されてたのは「麻生三郎とそのコレクション」
すいません、麻生三郎さんを私は知りませんでした。
戦前・戦後の美術界を牽引した画家の一人で、
自身が共感する作品のコレクターでもあったそうです。
大津絵やロダン、ジャコメッティの作品。
そして、こんなに大量に見た!と思ったベン・シャーン!
リルケの『マルテの日記』が一枚ずつ展示されてたのには
びっくりしました!
こんなところで出会えるとは!!!
一応、版画専攻卒業なのでめちゃじっくり見てしまいました◎
c0063808_12415368.jpg
1951年に建てられたままのアンティークなカフェでアイスレモネード。
バルコニーからは蓮池や鶴岡八幡宮の鳥居が見えます。
日本で最初の公立近代美術館。
一階の中庭にはイサム・ノグチの作品が中央にあり、
半屋外のスペースは彫刻室になっていて、
池に面したテラスの天井には水の波紋が日の光に反射されて
オプアートのようにとてもきれいに映り込んでいました。
見続けると錯視で立ってるのか浮いてるのか不思議な感覚に陥りました笑

来たときはエラいところに美術館あるな〜と思ってたけれど、
美術館でゆっくり過ごしていると、
この近くにお住まいの人たちが羨ましくなりました。
とってものんびりゆったりできて憩いの場所って感じです。
いい場所、いい建物♪
c0063808_13185397.jpg
建物探訪の後は鶴岡八幡宮へお参りして、
手作りウインナーやパンプキンソフトクリームを楽しみました◎
鎌倉に来たからには大仏さんを見ないと!と
思っていたのですが、以外と鎌倉の観光地は広く、
江の電に乗換えて3駅ぐらいいかないと行けなかったので
諦めました。。。

次は横浜!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-30 16:03 | 一建築

ルイス・バラガン邸を訪ねる

c0063808_1924912.jpg
新木場から乗り継いで青山一丁目へ。
しばし迷いながら笑歩いて『ワタリウム美術館』へ。
またまた建築関係の展示です。
「ルイス・バラガン邸を訪ねる」
ワタリウム美術館の中にルイス・バラガン邸の室内が作られていました!

私はこの方がどんな方までなのかは知りませんが、
この方の建物が大好きです♪
特に空間に使われてる色彩がとってもきれい!
初めて旦那さんに建物の写真集を見せてもらった時
とっても衝撃的でした◎

フライヤーにもあるマゼンダなピンク。
これはブーゲンビリアからきているそう。
この色が大きな壁面に使われた建物は
私の心を鷲掴みだったんです!笑
その色は室内の中にも使用されていて、他に黄色や赤褐色も。
それぞれ個性の強い色なのに写真の中でとてもきれいに融合しています。
テレビでもマヨネーズや一眼レフカメラのCMに
場所が使われていたので、
もしかしたら皆さんの記憶の片隅にも残っているかも。

メキシコのなかなか行きにくい場所にあるのと、
今回、展示の為に家具や美術品などを持ち出された自邸は
ユネスコの世界遺産になっているため、

そう簡単には訪ねて行けるところではなく、
今回の展示は旦那さんが見つけてきたものの、
私が率先して行こう!と言っていました笑
いつかはメキシコの強い太陽の下で見てみたいな〜。

この展示は建築家妹島和世+西沢立衛/SANAA により
会場構成され、メキシコシティの
カーサ・ルイス・バラガン財団の協力により
「バラガン邸」がそのまま会場に作られていました。
庭に生えている植物までもが再現されていてびっくり!
会場が小さいため、物足りなさを少し感じることもありますが、
メキシコのお茶でお茶会なども催されてるみたいで
近かったらまたいくのにな〜って思いました。
チケットは少し割高ですが、
会期中何度でも行けるパスポートになっているんです。
関西でもそんな催ししてほしい!
シンポジウムや建築家の家を訪ねるツアーなどもあって
贅沢な展示だな〜と思いました。

まだ一人で東京に遊びにきていた時
よくきていたワタリウム美術館、
でも美術館の中に入ったのは今回が初めてでした笑
いつも併設されてるミュージアムショップ
『…on Sundays』に入り浸ってたのですが、
今回もたくさんの気になるグッズや美術書を見つけて
きゃー!ってなってました笑
ロシア構成主義の芸術家アレクサンドル・ロトチェンコの画集、
買えばよかったな〜!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-28 19:14 | 一建築