<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

山形牛ユッケ重◎

c0063808_1837920.jpg
結局、くいしんぼblogが続きます☆
日曜日、『西宮ガーデンズ』にある
『山形牛一頭買い焼肉 牛兵衛 草庵』
で、ランチをしてきました!
以前にも何度か食事に入ったことのあるお店で、
お肉が食べたいな〜と思い、前日から旦那さんと行こう!と
言っていたのです♪

ピークタイムになるとかなり待たないといけなくなる
『西宮ガーデンズ』ですが、
11時オープンと同時ぐらいに入れたのでとってもスムーズ◎
ランチメニューがいろいろある中、
二度目の「山形牛ユッケ重」をいただきました♪
ユッケ好きの私は前に食べてハマったんです◎
初めて知りましたが、山形牛というのは
山形県内において12ヵ月以上肥育した黒毛和種で、
日本食肉格付協会が定める肉質等級が「4」以上のものを
総称するのだとか。
こちらでは山形一番の名門牧場「田村牧場」から
最高級ランクのお肉が直送されているそうです◎
どうりで、ご飯の上でとろっとお肉がとろけます♪
お膳にはサラダや、もやしナムル、カクテキ、
杏仁豆腐がついてきます◎

ちなみに旦那さんは今回、数量限定の
「山形牛100%ハンバーグランチ」を。
200gの少し大きなハンバーグにお腹がいっぱいになった模様。
前にいただいた「サービス焼肉ランチ」も
しっかりした量で満足だったようです◎

他にも「プルコギ御膳」や「牛たんとろろ重」などがあり、
好きなお肉にお膳をつけれることもできるそうなので、
いろんな楽しみができます♪
ランチに使い勝手いいお店かも。
また、美味しいお肉をいただきたいと思います☆


[PR]
by juri_ri | 2010-02-28 18:29 | 美食倶楽部

あつあつグラタン

c0063808_18254650.jpg
3月入りましたがちょこっと前の話。
冷蔵庫の中のものなど、そろそろお引っ越しに向けて
食材をどんどん使っていかなければ!と思い、
土曜日、冷凍のシーフードミックスや鶏ささみ、きのこ類など
たっぷり使ってあつあつグラタンに◎

大学の頃、友だちたちと家に集まり、
大家族のような晩ご飯を作って食べたり、
実家で4人分のご飯を作ったりしてたこともあって、
ついつい多めに料理を作ってしまう私。。。笑
この日も玉葱をバターで炒め、小麦粉、生クリーム、牛乳で
ホワイトソースを作っていると
んん〜二人分には作りすぎたかも♪笑
そこに炒めた具材を入れ、マカロニを入れると
大きなボールにどど〜んとできてしまいました。。。

大学の近くに住んでいたころは
いっぱい作りすぎたとしても、人数がいたり、
お裾分けしたり、学校に持っていたり、、と利用方法があったけれど、
旦那さんに2日に渡り同じものを食べてもらう、という
結果になりました。
ごめんね☆
気持ち、少ないんちゃう〜?!っていうぐらいで
これからは作りたいと思います◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-27 17:37 | 美食倶楽部

雨の世界

昨日からわかってたけれど、朝からの雨。
それでも少しあたたかく感じて、
うん、しっかり降る春の雨は嫌いじゃない。
今日は一日、ごろ〜んとして本でも読んでよう。と思いながら、
写真を撮りに行きたくなって、少しだけ雨の世界へおでかけ。
c0063808_1743393.jpg
        雨のしずくに葉がきらきら。
c0063808_1851033.jpg
        自然はなんてきれいにお互いをきれいにするんだろう。
c0063808_1894263.jpg
        木のそば、葉のしたで小人が雨宿りしてるんじゃないかと思う。
c0063808_18151290.jpg
        青葉がでてきた雪柳はしずくを灯している。
c0063808_1818410.jpg
        散った花もいい。
c0063808_18231323.jpg
        もちろん、咲いてる花もいい。
c0063808_18251611.jpg
        円を描いては消え、重なり、
        描いては消える様をいつまでも見ていたくなる。
c0063808_1832103.jpg
        木蓮だけはすこしあたたかそう。

うん、雨の世界もいろとりどりできれいだ。


[PR]
by juri_ri | 2010-02-26 17:38 | heal

クラブハリエのバームクーヘン

c0063808_18263064.jpg
私が大好きなもののひとつ。
滋賀県・近江八幡に本店がある『CLUB HARIE(クラブハリエ)』さんの
バームクーヘン◎

体調を崩して入院したときに唯一食べたくなったのものが
この『CLUB HARIE』のバームクーヘンでした。
その時は兄がお見舞いに大きなサイズのものを買ってくれて、
だからか、それからは母がほぼ会う度に買っておいてくれたりします。
感謝◎
先日も引っ越しの打ち合わせをするときに
持ってきてくれました♪

初めて食べたのは、もう覚えていないぐらい前のことですが笑
そのふわふわの食感とまわりのシャリシャリのお砂糖のコーティングに、
大感激して、今まで食べてた「バームクーヘン」と呼ばれるものは
一体なんだったんだろう?!と思うほどでした!

それから、度々ドライブに出掛ける両親が
本店で購入してきてくれたり、
滋賀に引っ越ししてからは、テレビで紹介された翌日など以外なら
デパ地下で並ばず買えたりするので、
私も手軽に購入することができるようになりました♪
だって大阪・阪神百貨店のお店はいつも長蛇の列なので
諦めてしまうほどなので。。。

季節によってパッケージのデザインが変わるので、
プレゼントにもよく利用します◎
桜や金魚、鯉のぼりなどのパッケージは最高!
バースデイのパッケージは箱がもうケーキみたいです♪
そして、しっかりした箱は食べ終わった後に
画材を入れたり、手芸用品を入れたりするのに
めっちゃ活用しています☆笑

ちなみに、このバームクーヘン、
商品にならない端の部分を、乾燥させて豚さんの飼料に
されていて、
次の美味しいに繋がっているそうです◎

暖かくなってきたら、久しぶりに
近江八幡の日牟禮のお店に連れてってもらおうかな〜♪
『たねや』さんの「日牟禮茶屋」にも行きたい◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-25 17:00 | 美食倶楽部

人間失格

c0063808_14625100.jpg
ムナーリを読んで清々しくなったあとですが、笑
観てきた映画は『人間失格』です。
生田斗真さんが初映画・初主演で上映前から
かなり話題になっていた映画。
上演したてということもあって、ファンらしき方々が
たくさん観に来られてました笑

私は、あの太宰治の『人間失格』
どのように映画化されているのか観たくて行ってきたんです。

小さい頃から本を読むのが好きで
中・高ぐらいのときにハマって
太宰も三島も谷崎も中原中也も寺山修司も、
その時代のアングラな文学を読みあさったものです。
中でも太宰治の『人間失格』は衝撃的で
退廃的過ぎて、何度も何度も読み返していました。
今売られている文庫の行間はどうか知らないけれど、
私が持っている文庫の行間は少し余裕のあるもので、
文章の間(ま)と合っていたからよけい、頭の中に情景が流れやすかったのも
あると思います。

それだけ思い入れの強い作品だったので、ちょっと辛口目線かも笑
内容は読んだことのある人ならご存知だと思うのであえて書きません。
ちょっと違う所もあるけれど、それは仕方なし。
『ロミオ&ジュリエット』までとはいかないけれど、
台詞がちらほらと原作と同じでちょっと感動しました。
キャストも当たり役で、誘い込む伊勢谷友介さんの堀木や
原作には登場しない中原中也(役 森田剛さん)、
主人公 葉蔵を取り囲む女性陣もハマってたと思います。
生田斗真さんの葉蔵は爽やかに男前過ぎたかも笑
どうしても、本人がモデルだったのでは?という説で、
太宰治のどうしようもない憂鬱な
小首を傾げた顔がでてきてしまうので。。。

    人間、失格。
    もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

この作品の中で私がやっぱり一番印象に残る文章。
映画では「堕ちていくほど、美しい」というコピーが
つけられています。
こういった刹那的な何かに魅かれる心情、
私は実際観てきたわけではありませんが、
その時代のなせるものなのかもしれません。

そんな様子を垣間みることができる映画だと思います。
太宰が好きな方も、初めての方も、
観る前に一回読んでから行ってみると、
スムーズに観ることができるかも。
大貫妙子さんの『アヴェマリア』も必聴です♪

女からどうしようもなく魅かれ
堕ちる葉蔵をどうぞご覧ください◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-23 14:00 | 映画

ムナーリのことば

c0063808_14313156.jpg
『ムナーリのことば』
ブルーノ・ムナーリ 著 阿部 雅世 訳

映画待ちの間、読んでいた本です。
ブルーノ・ムナーリ、美術を好きな人なら知っている人かも。
美術家・グラフィックデザイナー・プロダクトデザイナー・
教育者などなど、たくさんの顔を持っている人。
美術作品を知らなくても、
シンプルでなおかつすてきな色彩の絵本なら
手にとったことがあるかも◎
こどもの世界へ深い興味を持って
こどものためのワークショップなどもひらかれていた
なんともcharmingな方です。

そんなムナーリが晩年、
いろんなところで書き込んだ自身のことばを、
自ら選んで編集したのがこの本。
詩的なものから、なにげない日常のことばから、
ものがたりのようなものまで
すてきなすてきなことばが綴られています。

表紙の少年はムナーリ本人。
手にある懐中時計をみています。
本文にある彼自身のことばを借りると
    
    おとなのしるしに 懐中時計をつけてもらった
    そのとき 僕は10歳で
    でも 何時におとなになったらいいのか
    よくわからなかった

読んでいて、ふふっと微笑んでしまうようなことば。
そのpureな感情に心が洗われます。

本屋さんで何を読もおかな〜とうろうろしすぎて
疲れてなんでもいいか、と思ったときに
ふと目に入ってきたのがこれだったのですが、
前からちらりと立ち読みをしていて、
いつか買おう!と思って延び延びにしてものでした。
前日にちょうど「ことば」の事を考えていて
(ことばを使って作品を作っていたので)
ちょっと気持ちに水を与えないと、と思っていたときに
ぴたりときた本でした。

読みながら、心の中は感嘆でいっぱいで、

    木
    それは
    たったひとつの種の
    ゆっくりとした
    爆発

ということばには
頭の中にゆっくりと進むイメージが流れました。
カフェにて自分から抜け出てました笑
それぐらい、とってもとってもうるおいをあたえてくれる
本に出会ってよかった!と思います◎

映画が始まる前にちょうど読み終えたのですが、
心の中が透明になったような心持ちでした。

もしよければ、本屋さんで
一度、ムナーリさんの本を手にとってみてみてくださいね。
すてきな時間を過ごせれると思います。

実は同じくブルーノ・ムナーリの本を
もう一冊購入しています。
その本も読み終わり次第、ご紹介しますね◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-22 14:27 | 言の葉

石垣島ジンジャーエール

日曜日、用事のあった西宮にて旦那さんとランチをしたあと、
旦那さんはまたも休日出勤。
私はそのまま『西宮ガーデンズ』に残り、
またもTOHO CINEMASで年賀状割引を利用し、
映画を観てきました笑
映画までの待ち時間、本屋さんで本を買い、カフェにて読書タイム♪

そこで見つけました、美味しいの◎
c0063808_14471944.jpg
『石垣島ジンジャーエール 』
もともと『WILKINSON』の辛口ジンジャーエールが好きで、
お店に置いてあるのをみると好んで頼んでいたのですが、
このカフェではメニューとは別にテーブルに立て札がおいてあり、
スタッフの方に聞くと、もとは3種類、今現在は2種類取り扱ってるといい、
その2種類は秋ウコンとハイビスカスだと知りました。
どんな飲み物か検討もつかなかったけれど、
濁った液体をみて、素材そのものが活かされてそう!と
勝手に思い、頼んでみたのです笑

注文したのは「ROJO(ロホ)」ハイビスカスのものです。
テーブルの色に染まっていますが、ほんのりピンク色。
裏の原材料をみてみると、生姜はもちろん、パッションフルーツ酢、
パプリカ!、レモングラス、ハイビスカス、ペパーミントなどに
島唐辛子まではいっています!
できるだけ国産原料にこだわり、
基本、受注生産のジンジャーエールだそうです。

飲んでみると、喉にぴりぴりっ!とくる好きな辛さ。
ハイビスカス特有の酸っぱさもあって、
パプリカの味がほんのりわかります笑
おもしろ〜い!
そして、私、この味好きだ◎
次は秋ウコンと月桃のもっとぴりりとしたほうを飲んでみよう♪
欠品中の黒豆と黒糖を使用したのも気になるな。

お取り寄せは離島のため送料がだいぶかかってしまうので、
取り扱われているうちはこちらのカフェで
いただこう!と思います◎

さてさて、そのときに読んでいた本がとってもすてきだったので
その本のことを次回に、
そして観てきた映画の話はその次にしたいと思います。
礼。


[PR]
by juri_ri | 2010-02-21 14:17 | 美食倶楽部

マヌカハニーシフォン

c0063808_14582866.jpg
チョコ話は一休み。
まだもう一種類あるのですが、いただいてないので、次回に。

今回は先日にご紹介した『芦屋ぷりん とあっせ』のシフォンケーキ。
前の土日はマヌカハニーのシフォンケーキでした♪
電話してお取り置きしてたのですが、
取りに行ったときにはもうラスト一個の状態。
電話しといてよかった〜◎

初めて購入したのはもうずいぶん前で
その時はまだこんな風に定番の商品ではなく、
店長の気まぐれでたま〜にしか作られないものだとスタッフの方に聞き、
そこに旦那さんが食いついて購入したのを覚えています笑
プレーンタイプのそのシフォンは卵の味わいが
とっても濃くって、ほんの〜りの甘さが私たちにはぴったりでした☆
ふわふわなのに生地のきめが細かくって、
私もシフォンケーキを作ったりしたことがありますが、
こんな風にするにはどうしてはるんやろ?!と思うほど。
今回いただいたマヌカハニーもさらりとした
はちみつの香りがふんわり漂って、上品な甘さ◎
美味しゅうございました☆

いつの間にか土日の定番商品になっていて、
今回のマヌカハニーやバニラなど種類が増えて嬉しい!
ちなみに明日明後日は黒糖のシフォンケーキだそう。
前回、期間限定の生チョコぷりんが完売だったので
それも気になるし、時間が合えば行ってみようかな〜と思います。

それにしても芦屋は美味しいものはいっぱいあるところやな〜。


[PR]
by juri_ri | 2010-02-19 14:57 | 美食倶楽部

LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)

c0063808_14125347.jpg
電話でお取り置きをお願いしていた
『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんの
「ショコラ・ドゥ・シャンパーニュ」
器も小粒なショコラもめちゃ可愛い☆

東京・六本木ヒルズにあるお店ですが、
大阪で一部取り扱ってらっしゃるお店があり、
ふらりと立ち寄るのですが、
昨年からヴァレンタイン商品も届くようになったみたいで、
嬉しい限りです♪

旦那さんも『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんの
ショコラが大好きなので、東京に行くと私に付き合って寄ってくれます◎
なので、今回のこの「ショコラ・ドゥ・シャンパーニュ」は
ちょっと楽しみにしてたのでした☆
何せ、遅い仕事帰りにシャンパン、とまではいかなくとも、
スパークリングワインを買ってきてくれたのですから♪
事前にシャンパンも一緒に用意しておけばよかったな〜☆

肝心のショコラはパウダーシュガーの甘さがしゅわっと口の中に広がって、
そのあと滑らかにほろ苦いシャンパンのガナッシュが!
やっぱり、好きだな〜♪
『LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)』さんのショコラ!
旦那さんも「やっぱり、美味しいな〜」と言いつつ
スパークリングワインとともにぺろりといただいてはりました◎
もう2個ほど購入しとけばよかった笑

一粒ずつチョイスできるショコラもあるのですが、
少し種類が減っていたので、
取扱がなくならないようにお店を利用したいと思います笑
これで焼き菓子も扱ってくれれば最高!なのに!
とりあえず、次は赤ワインショコラを目当てに行こう☆


[PR]
by juri_ri | 2010-02-18 14:11 | 美食倶楽部

BOISSIER(ボワシエ)

c0063808_9293430.jpg
まだまだヴァレンタインチョコがございます笑
フランスの老舗ショコラトリー『BOISSIER(ボワシエ)』さん。
日本には2007年に『大丸 東京店』さんに入られています。
日本ではあまり名前の知られていないお店。
昨年のヴァレンタインから関西にもその期間だけ販売されていて、
毎年、買おうかな〜どうしようかな〜と悩んでいたお店です。
カラフルな花びらのようなチョコがとっても可愛いの◎
今回はスタッフの方がとても丁寧にお店の紹介を
してくださったので、決めました笑

その「ペタル・ド・ショコラ(チョコの花びら)」は残念ながら
購入できなかったのですが、
かわいくプリントされたヴァレンタインショコラは
グリオットチェリーのガナッシュや
キャラメルのやわらかな舌触りの美味しいショコラ◎
『大丸 東京店』さんでは一粒ずつチョイスして購入ができたり、
ガトー(生ケーキ)があったり、
シャンパンと一緒に味わえるサロンもあるそうです!
販売ブースには行っていたのですが、サロンがあるの知らなかった。。。
次に東京行ったときは赴こう!
c0063808_9463640.jpg
そして、グラサージュ(砂糖がけ)が美しいマロングラッセも
一緒に購入しました♪
このマロングラッセのグラサージュ、今ではよく見る手法ですが、
ここ『BOISSIER(ボワシエ)』の創始者が初めたものだそうです。
スタッフの方からそう教えていただき、
それは一度いただいてみないと!と思いました☆
日本で普段みるようなマロングラッセよりちょっと大きめ。
封を開けるとちょっと固めのグラサージュ。
一口いただくと栗とほのかにバニラの香りがぷわぁ〜っと
口の中に広がり美味しい!
瑞々しく半透明になっているほどシロップに漬けられているようで、
紅茶とともに一粒を少しずついただきました◎

大丸さんのweb shoppingに商品はなかったのですが、
お店に問い合わせたら直接購入できるかしら?!
展覧会を観にまた東京に行けたらいいな〜と
思っているので、その時には一番に行こうと思います笑


[PR]
by juri_ri | 2010-02-16 09:27 | 美食倶楽部