<   2009年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

いざ鎌倉へ。

東京2日目の始まりはGrnaSta 『RISO CANOVIETTA』へ。
自然派イタリアンの旗手、植竹隆政シェフによるリゾットのお店。
前回来た時に美味しかったのでリピートしにきました笑
c0063808_1191559.jpg
私は秋の新作、たっぷりのきのこと九条ねぎ、温泉卵のリゾット◎
旦那さんの魚介とカラスミのリゾットも美味しかった◎

そこから電車で一時間足らず、鎌倉へやってきました。
初めて来た!
駅からもう観光地!って感じです。さすが。
ここへ来た目的は『神奈川県立近代美術館』
少し前まで1日目でみた坂倉準三さんの展覧会が行われていたのですが
もう終わっています。
でも、この美術館の「鎌倉館」は坂倉準三さん設計。
それを観に来たのです。はい、建物探訪です。笑
鶴岡八幡宮の参道の一本横の道を歩くと木々に囲まれた場所が。
c0063808_11233086.jpg
そこに『神奈川県立近代美術館』「鎌倉館」がありました。
最初見た時、小さぁ〜!と思ったのですが、
四方を建物に囲まれた中庭と鶴岡八幡宮に繋がる蓮の池をもつ
広い敷地でした!

展示されてたのは「麻生三郎とそのコレクション」
すいません、麻生三郎さんを私は知りませんでした。
戦前・戦後の美術界を牽引した画家の一人で、
自身が共感する作品のコレクターでもあったそうです。
大津絵やロダン、ジャコメッティの作品。
そして、こんなに大量に見た!と思ったベン・シャーン!
リルケの『マルテの日記』が一枚ずつ展示されてたのには
びっくりしました!
こんなところで出会えるとは!!!
一応、版画専攻卒業なのでめちゃじっくり見てしまいました◎
c0063808_12415368.jpg
1951年に建てられたままのアンティークなカフェでアイスレモネード。
バルコニーからは蓮池や鶴岡八幡宮の鳥居が見えます。
日本で最初の公立近代美術館。
一階の中庭にはイサム・ノグチの作品が中央にあり、
半屋外のスペースは彫刻室になっていて、
池に面したテラスの天井には水の波紋が日の光に反射されて
オプアートのようにとてもきれいに映り込んでいました。
見続けると錯視で立ってるのか浮いてるのか不思議な感覚に陥りました笑

来たときはエラいところに美術館あるな〜と思ってたけれど、
美術館でゆっくり過ごしていると、
この近くにお住まいの人たちが羨ましくなりました。
とってものんびりゆったりできて憩いの場所って感じです。
いい場所、いい建物♪
c0063808_13185397.jpg
建物探訪の後は鶴岡八幡宮へお参りして、
手作りウインナーやパンプキンソフトクリームを楽しみました◎
鎌倉に来たからには大仏さんを見ないと!と
思っていたのですが、以外と鎌倉の観光地は広く、
江の電に乗換えて3駅ぐらいいかないと行けなかったので
諦めました。。。

次は横浜!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-30 16:03 | 一建築

奈良さんのグミガール♪

外苑前のワタリウム美術館から少し歩いて表参道へ。
実は旦那さんに買ってほしい〜!と言っていたものがありました笑
『表参道ヒルズ』へまず向かい、
同潤館にある「S AND O」へ。
新しいアートグッズとしてスイ−ツを提案するお店。
少し前にここで、とあるグッズが売られていることを知り、
めちゃきたかったんです笑
それはこちら↓
c0063808_1144817.jpg
奈良美智さんが描かれる女の子がこんなグッズに!
こちら『グミガール』と呼ばれております♪
水色が「ソランちゃん」、赤毛が「りんごっ娘」
髪の部分がパコッと開いて、中にグミがたくさん!
ちょっとシュール笑
c0063808_11294079.jpg
外箱とグミまで奈良さんのキャラクター♪
グミはちょっと大きめでびっくりですが、オレンジとグレープ味です。

新しく蓄光素材でできた大きめの「ルミナスちゃん」が
出たばかりで関東では珍しいぐらいの接客を受けましたが笑、
暗闇でぼぉーと緑色に光るのはちょっと怖いので、
はじめからこの「ソランちゃん」と「りんごっ娘」狙いでした◎
他にブラウンな「マローネ」、緑色の「ミドリちゃん」
鮮やかなオレンジ色の「オランジェリー」がいます。

ちなみに奈良さんのお気に入りは「ソランちゃん」なんですよ〜と
お店の方が言ってらっしゃいました。

私はちょうど3年前に青森で奈良さんの展覧会を見ていて、
その時からこの女の子、特に赤毛の「りんごっ娘」が
大学時の友人にとっても似てるな〜っと思っていました。
だから、「りんごっ娘」が一番かわいい!と思ってしまいます笑

他にも奈良さんのワンコや、着ぐるみの女の子がいて
旦那さんはそれ欲しいな〜って言ってましたが、
さすが、ちゃんと作品なので20万近くしてました。。。
でも、このコだちだって十分に作品じゃない?!

このお店には他に草間彌生さんや蜷川実花さんのグッズなども
多く置いてあり楽しめました♪

「ソランちゃん」と「りんごっ娘」は
今、家の玄関の棚に並べて飾っているのですが、
帰ってきた旦那さんが「新しいシーサー?!」とボケています笑
(うちには小さいけれど本格的なシーサーが玄関にいるんです)
ってか、阿吽になってないし!笑

東京1日目はその後、丸の内で晩ご飯して終了!
やっぱり怒濤の過ごし方ですね笑


[PR]
by juri_ri | 2009-09-29 10:53 | アートなご案内

ルイス・バラガン邸を訪ねる

c0063808_1924912.jpg
新木場から乗り継いで青山一丁目へ。
しばし迷いながら笑歩いて『ワタリウム美術館』へ。
またまた建築関係の展示です。
「ルイス・バラガン邸を訪ねる」
ワタリウム美術館の中にルイス・バラガン邸の室内が作られていました!

私はこの方がどんな方までなのかは知りませんが、
この方の建物が大好きです♪
特に空間に使われてる色彩がとってもきれい!
初めて旦那さんに建物の写真集を見せてもらった時
とっても衝撃的でした◎

フライヤーにもあるマゼンダなピンク。
これはブーゲンビリアからきているそう。
この色が大きな壁面に使われた建物は
私の心を鷲掴みだったんです!笑
その色は室内の中にも使用されていて、他に黄色や赤褐色も。
それぞれ個性の強い色なのに写真の中でとてもきれいに融合しています。
テレビでもマヨネーズや一眼レフカメラのCMに
場所が使われていたので、
もしかしたら皆さんの記憶の片隅にも残っているかも。

メキシコのなかなか行きにくい場所にあるのと、
今回、展示の為に家具や美術品などを持ち出された自邸は
ユネスコの世界遺産になっているため、

そう簡単には訪ねて行けるところではなく、
今回の展示は旦那さんが見つけてきたものの、
私が率先して行こう!と言っていました笑
いつかはメキシコの強い太陽の下で見てみたいな〜。

この展示は建築家妹島和世+西沢立衛/SANAA により
会場構成され、メキシコシティの
カーサ・ルイス・バラガン財団の協力により
「バラガン邸」がそのまま会場に作られていました。
庭に生えている植物までもが再現されていてびっくり!
会場が小さいため、物足りなさを少し感じることもありますが、
メキシコのお茶でお茶会なども催されてるみたいで
近かったらまたいくのにな〜って思いました。
チケットは少し割高ですが、
会期中何度でも行けるパスポートになっているんです。
関西でもそんな催ししてほしい!
シンポジウムや建築家の家を訪ねるツアーなどもあって
贅沢な展示だな〜と思いました。

まだ一人で東京に遊びにきていた時
よくきていたワタリウム美術館、
でも美術館の中に入ったのは今回が初めてでした笑
いつも併設されてるミュージアムショップ
『…on Sundays』に入り浸ってたのですが、
今回もたくさんの気になるグッズや美術書を見つけて
きゃー!ってなってました笑
ロシア構成主義の芸術家アレクサンドル・ロトチェンコの画集、
買えばよかったな〜!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-28 19:14 | 一建築

新木場。

汐留でたっぷりと坂倉準三展を堪能したあと、
新木場へ。
c0063808_1324138.jpg
旦那さんの建物探訪です。
私も雑誌の表紙になっていたこの建物の実物を見てみたかったんです。
電車の中からでもこの建物はよく見えました。
普通のビルが周辺に建っているなか、やっぱり特殊に見える!
この建物は『木材会館』
東京木材問屋協同組合100周年記念事業の最大の目玉だそうです。
1階はエントランスホール、ギャラリーなどになっているそうなので、
旦那さんとうまくいけば入れるかな〜と言っていたんですが、
関係者以外入れないようになっていました。。。残念。

コンクリートと木材の表面。
木の香りがふわ〜としてくる建物。
旦那さんにこの建物のことを事前に聞いていたので、
他に外壁で木材を使われてる建物との違いを知っていました。
他の建物では木材を外壁に使われる際、
不燃処理を施してあるそうです。
この木材会館ではその処理は一部階の途中だけ。
その他の部分にかなりの工夫を凝らしてあるそうなので、
防災の専門家に耐火に対する評定を検証してもらってるんだとか。
だから、こんなに木の香りがするんだ〜と思い、
近づいて香りを楽しんでいました。
来たのが夕方だったので、西日がこの建物の表面を
さらに面白くしていました。
でもこんなに西日が射していたら木が日焼けしたりないのかな?
何年か経った後どうなってるかな〜と、笑っていた旦那さん。
興味津々でずっ〜と写真を撮ってはりました笑

私と言えば、建物も不思議〜と思い観ていたけれど、
c0063808_1405166.jpg
このプレートがきれいだな〜と思っていました。
建物にも簀子のような部分が見られていましたが、
こんなところにも!と思っていたのです笑

新木場の駅は7、8年ほど前に友人たちとディズニーへ行った帰り
乗り換えで駅には来たことがあります、が
降りたのは初めて。
その時は全く気づきもしませんでしたが、
駅構内のいろんなところに木材が使われていて
ほんのり木の香りがします。
旦那さんはこの駅をみても面白がっていました笑
設計した人は木を建物にどう使うか考えたんやろうな〜って。
どこにいても建築士ですね◎

次の予定があったので新木場には建物を見る為だけに
来ていました。
次は外苑前です!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-27 13:13 | 一建築

建築家 坂倉準三展-モダニズムを住む-

昼前の新幹線に乗り、ちょっと東京へ。
旦那さんの出張があって前乗り便乗して行ってきました。
今年5月に行ってきたばっかりなんですが、
今回も観たい美術館と建物探訪です♪
c0063808_13361129.jpg
昼過ぎについてホテルに荷物を預け、
すぐ近くの『パナソニック電工 汐留ミュージアム』へ。
ここへは何年か前、重森三玲さんの展覧会を観に来てます。
今回は「建築家 坂倉準三展-モダニズムを住む-」
旦那さんが前回来たときから終わるまでに観に行きたいな〜と
言っていて、今回は坂倉準三さん巡りとなりました。
坂倉準三さんは20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエの弟子として
近代建築を伝える優れた作品を多岐にわたって残されたそうです。
残念ながら、『神奈川県立近代美術館 鎌倉』で同時開催されていた
「建築家 坂倉準三展-モダニズムを生きる-人間、都市、空間」は
一足早めの終わりだったので観に行けませんでしたが、
鎌倉が都市や空間の大きな建物の展示で
こちら汐留は住居がメインの展示でした。

私はこの方を詳しくは知らず、
しかも住居メインだった為、モダニズムの時代を感じさせる建物だな〜と
いうことぐらいしか理解できなかったのですが、
見事な住居模型を観ていると
旦那さんの母校の名が!
旦那さんがこそっと「○○さんの名前あるやろ」と
知ってる方の名前を教えてくれました。
それだけで急に親近感湧くね笑
さらに観進めていくと、南青山にある『岡本太郎記念館』が!
あぁ!あの建物建てはった人やったんや!
『岡本太郎記念館』は5月に行ったところ!
アトリエ兼住居だった空間は丸みを帯びたところで
岡本太郎さんらしいな〜と思えるようなユニークな場所だった。

大阪に事務所を構えてらっしゃったのもあり、
大阪や兵庫の住居も多く、
聞くと芦屋にある会館も設計をされていたそう。
建物のイメージがまるで違うので
同じ方だとは思いませんでした!

ガラス戸や籐でできた椅子も展示してあり、
今見てもとてもきれいなフォルム。
今ではよく見るグッドデザイン賞の選定委員長も務められていたそう。
展示の講演会では事務所に在籍されてた方が
「正しく古いものは、永遠に新しい!」と締めくくられたらしく、
確かに!と思いました。

図録や図面集は完売しているほどの盛況ぶりで
多大な影響を残された方なんだと、改めて知りました。
私は旦那さんと一緒にいることで
全く知らなかった建築のことを少しずつ知って
面白いな〜と思っています♪
逆に私から旦那さんに何か面白いな〜と思えるものことを
知ってもらえてたらいいなぁ◎


[PR]
by juri_ri | 2009-09-26 13:34 | アートなご案内

京都から神戸ドライブ。

その日は父と待ち合わせ。
母がお三味線のお稽古に行っている間、
父とランチドライブです。
時間が少し早かったのもあって、車じゃないと行けないところに
連れてってもらいました。
c0063808_8581156.jpg
北区大宮にある『パティスリー菓欒』
以前の仕事先でこの近辺に実家のあるバイトくんが
何度か差し入れに持ってきてくれた『西賀茂チーズ』
二口ぐらいのかわいい大きさなのに、
しっかり濃厚なふわふわチーズケーキで
やめられなくなります笑
たぶん、あそこら辺だろうな〜と目星をつけていたものの、
車じゃないとちょっと無理!と思い、
いつか時間のあるときに連れてってもらおうと思ってました。
お店には『西賀茂チーズ』以外にもた〜くさんの
ケーキや焼き菓子があって、場所もわかったしまた連れてきてもらおう!

そこから北山を通り、下鴨神社近くの
『グリル生研会館』へ。
小さいときから何度も前を通ってるお店で、
ちょっと前にテレビでも取材されてはって気になってたところ。
c0063808_910963.jpg
レトロな感じの店内にぴったり合う洋食屋さん。
私は海老フライとハンバーグのランチをいただきました。
父は海老フライとミニステーキに野菜スープをつけて。
昔この付近でも仕事をしていたことのある父は
「ここは来たことないけど、『のらくろ』はよう行ったなぁ〜」と言い、
それならそっちでもよかったな〜と思った私でした笑
どちらも近所の方が食べに行かれる地元の洋食屋さん。
『のらくろ』はトルコライスが有名です。
私、そこも行ってみたいと思ってました♪
じゃあ、次はそこに行こう!と約束◎

母のお三味線のお稽古が終わるまではまだちょっと時間があったので
c0063808_919053.jpg
下鴨神社へ。
葵祭の斎王さん(親しみを込めてこう呼んでます)が祭前に斎王代禊の儀で
神社の神水が湧く御手洗のこの池で手をお洗いになられます。
この池には御手洗祭のときのみ、一般の人も入れて
神水に膝までを浸し、無病息災を祈ります。
湧き水なので神事のとき以外は水の量を調節されてる模様。
秋になって水もだいぶ冷たくなってました。
c0063808_9301244.jpg
帰り、糺の森で見つけたきのこ。
めちゃきれいに生えてはりましたが、
食べられるきのこなのかは全くわかりません笑
なんかかわいくてつい撮ってしまいました笑

そのまま高島屋へ行ってお茶をしながら母と合流。
買い物をして、送るついでに、と神戸まで晩ご飯を食べに行きました。
海岸ビルの15階にあるお豆腐料理の『梅の花』
海側が全面窓になっていて、夕焼けから夕暮れ、
夜になるとハーバーランドやポートタワーの夜景が見れて
いい場所でした!
京都では観れない景色ですからね。

翌日、東京に出発する予定だったので早めの帰宅。
寒くなる前にゆっくり今度は神戸にいこうね。


[PR]
by juri_ri | 2009-09-25 08:50 | 美食倶楽部

南極料理人

c0063808_15144931.jpg
もの凄く久しぶりに旦那さんと映画館に行ってきました笑
映画は『南極料理人』
気になってはいて、ちょうど梅田Loftの地下で上映されてるのを見て
旦那さんが珍しく「観る?」と聞いてくれたので
「観る〜!!!!!」となりました♪

テレビでこの原作の西村淳さんのユニークさに魅かれて、
ちょうどこの撮影入られる準備をしてらっしゃる
堺雅人さんを「情熱大陸」で観ていました。
この映画の為に料理の訓練をし、
体重を8kg増やしたそうです!すごい!
他のキャストの方々を全く知らないまま観たのですが、
生瀬勝久さんやきたろうさん、豊原功補さんの
キャラの濃さに爆笑です。

125分の長さですが、全く、まったくそんな長さを感じさせません!
あっという間に終わってしまいました。
面白くっていっぱい笑って、ちょっとほろっともして、
出てくる料理をみて、お腹がすいて笑
邦画を観るのも久しぶりだったけれど、
爽快な気持ちで見終われてほんと面白かったです♪

印象に残る場面や台詞がたくさんあって
しばし、旦那さんとそんなやり取りが再現笑
ネタバレになるので詳しく書きませんが、
登場される8人8様のストーリーがあって、
そんな中の台詞をふとしたときに言い出してしまいます笑

その日の最終上映をみて、
晩ご飯何食べる?!となったとき、
エビフライかラーメンを思い立ち、
芦屋に帰って大好きな『ふうりん』
ラーメンをいただきました♪
映画を観たなら、きたろうさんのあの台詞が出てくると思います笑

DVDが出たらもう一回観たいなと思えた映画。
ユニコーンの主題歌と阿部Bの音楽もよかった♪
原作も読んでみたいな◎
連れてってくれてありがと、旦那さん!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-24 15:13 | 映画

シルバーウィークsweets!

c0063808_144349.jpg
シルバーウィークに入る前日、旦那さんは広島出張。
と聞いて、どうしても食べたくなったので
帰りに『にしき堂』のもみじ饅頭買ってきて〜!と頼んでいました笑
私、もみじ饅頭は『にしき堂』さんのしか食べたことありません。
京都で働いていた時、広島出身のスタッフさんがいて、
実家に帰ると大箱の『にしき堂』のもみじ饅頭を
お土産にしてくれてたのです。
あまりの大量さにもみじ饅頭屋さんの息子だとまで噂があったほど笑
実際は親戚が働いてはるからということでしたが笑
今回は旦那さんが気をきかせてちょっといいもみじ饅頭を
買ってきてくれました♪
カステラ生地ではなくて、米粉が使われたもっちり「生もみじ」
粒あんと柚子がきいてるこしあんの2種。
連絡が取れてたらチョコレートコーティングされてるのも
お願いしようかと思ってました笑
これは以前お友がお土産にしてくれたもの。
こっちも美味しかった◎
私の中でやっぱりもみじ饅頭は『にしき堂』です♪
c0063808_147115.jpg
大丸芦屋店に期間限定でこられてた
夙川『au temple du gout(オ・タンプル・デュ・グゥ)』
ゴルゴンゾーラのチーズケーキ!
はじめましてのケーキ屋さん。
バウムクーヘンと夙川ロールが有名だそうですが
断然「ゴルゴンゾーラ」に魅かれました笑
少し小さめ、薄目ではありますが、味はとっても濃厚!
上の層がほんのり甘めで、下の層にあるゴルゴンゾーラが
少し塩気を出して大人の味です◎
ちゃんと青カビが見えてるでしょ?笑
これ、デザートワインと合わせたら美味しいだろうな〜♪
一緒にプリンもいただいたのですが、
こちらもバニラビーンズがたっぷりでカラメルも美味しかった◎
ちょっと場所は遠いけれど、お店にも行ってみたいな〜と思いました。
c0063808_14225791.jpg
大阪に行った際、三番街にある『MOROZOFF(モロゾフ)』へ。
私たち夫婦、ワッフルが好きです笑
どこでお茶しよ〜って思いながら三番街をぐるぐるしてたのですが、
ワッフルを焼いてらっしゃるのが見えて、入ってみました。
出来たて「和栗」のモンブラン(その場でモンブランの栗クリームを
ぎゅぎゅっと搾ってくれるんです!)にも魅かれましたが、
注文してから目の前で焼いてくれるワッフルに
あの瓶詰めプリンを添えたものにしました◎
スタッフの方が手際良く瓶からプリンをぽこっと出す
所作が見事です!
ワッフルは表面がカリッとしてて、中がふわふわ!
U字のカウンターだけなので、すぐにいっぱいになっちゃいますが、
プリンパフェやチーズケーキもいただけるので
これは良いとこ、見つけたね♪
c0063808_14364256.jpg
大阪に行った日、梅田大丸の一階で長蛇の列を発見!
何?!と思って見てみると『不二屋』「生ミルキー」が!
以前にマイミクさんが美味しかった!と書かれていて
気にはなっていたものの、今の私の一番近い不二屋は三ノ宮。
行ったら行ってみよう!と思っていたのですが
旦那さんも気になる様子だったのでここでとりあえず並んでみることに笑
厳重に保冷してもらい家で一粒。
口の中でとろける〜!
食感は生キャラメルみたいなのに、とってもミルキー!
確かにこれは美味しい!ハマるわ!笑
不二家のおやつは小さい頃から好きでミルキーも大好き!
今でも七五三の時期に出るミルキー千歳飴つい買ってしまいます笑
そう言えばパラソルチョコレート、最近見ないな〜。
お店にはあるんだろうけど。
京都・河原町木屋町にあるお店、よく行ったな〜♪
次、帰ったら行ってみよ◎
「ペコちゃんのほっぺ」も久しぶりに食べたいな!


[PR]
by juri_ri | 2009-09-23 13:30 | 美食倶楽部

初めてのりんくう。

シルバーウィークの話が続きます。
日にち前後しちゃったけれど、
初めて『りんくうプレミアムアウトレット』に行ってきました。
思い立ってだったので、ツアーバスではなく電車で。
その日は岸和田のだんじり祭の日だったので
電車の中からお祭りに浮かれる町を見て移動。
アウトレットって垂水しか行ったことなかったけれど、
ここ、広〜っ!
そしてプレミアムなのでブランドショップが多くて
ちょっとウキウキ♪
旦那さんのものを見るつもりが
食器や雑貨店があって私のテンションは上がりました笑
中でも『ROYAL COPENHAGEN』『bodum』
一通り旦那さんのアウターや靴を購入して
私もtsumoriでニットワンピなどを購入してもらって、
『bodum』で前から欲しいね!って言ってた
c0063808_22525418.jpg
Pavina ダブルウォール保温グラスを!
これのプチサイズも欲しかったのですがそれは置いてなくって、断念。
c0063808_22562745.jpg
c0063808_22565146.jpg
でもシャンパングラスとグラッパグラスを見つけ、
ラインがとてもきれいだったのでそちらをチョイス!
丸みのあるシャンパングラスは旦那さんが気に入り、
シャープなグラッパグラスを私が気に入りました。
それぞれ2個セットなのに¥1000未満で
改めてアウトレットってすごいね〜となりました。
その後、『ROYAL COPENHAGEN』で
これも欲しかったエコバックを!
c0063808_2365068.jpg
食器は今すぐ必要って訳ではないので購入しませんでしたが
車で連れてってもらったりしたら買いたいな〜。
さすがに電車でお皿を何枚も持って乗るのは心配だしね。

土地柄の違いか置かれてる商品、特に洋服の趣向が
垂水とはまったく違っていて、
男性ものが圧倒的に少なかったのにはびっくりでしたが、
食器や雑貨を観にはこれからも行ってみたいな〜。

10月に三田のアウトレットが新しくなるそうで
こちらも行ったことのないところなので、
行ってみたいね〜。


[PR]
by juri_ri | 2009-09-22 22:26 | 逸品

ミッフィーはラブリー♪

できたてで行ってきた梅田『KIDDY LAND』
『miffy style』
ミッフィーグッズだけのお店で、
お菓子からお弁当箱からbaby用品まで揃ってます!
もう!どれもかわいすぎ笑
キャラクターものにはなかなか魅かれない私ですが、
ミッフィーは小さい頃から読んでた絵本。
大人になってからは作者のディック・ブルーナさんに魅かれて
ますます好きになりました◎

いろんなグッズを見て、
どれもほしい気にさせられましたが笑
私の中できゃー!ってなったのはこれ↓
c0063808_21484932.jpg
ミッフィーの生誕55周年を記念した55柄のミッフィーチロル。
1955年からのいろんなミッフィーが一粒一粒変えて作られています。
一粒から購入できます。が、全部ほしくなった私。。。
どれか幾つかだなんて!っと決めかねていた私に
旦那さんがひと言、
「そんなにほしいなら、大人買いすれば〜」
レジで申し上げれば全柄セットされたものがあるようで、
買ってもらっちゃいました〜♪
c0063808_2211515.jpg
オープニング期間だったため、ノベルティーまでいただいてしまい大満足◎
作品の中で使われている
ブルーナカラーと呼ばれる特別な赤、黄、青、緑、茶、グレーの
6色だけの折り紙などが入ってました。
ものすごく色の配色にこだわってらっしゃるのを
知っているので、折り紙うれしいです◎

旦那さんと言えば、『miffy style』の横にある
『Rilakkuma store』リラックマの頭がゆらゆら揺れるUSBを見ておりました笑
パソコンに繋ぐと頭をゆらゆら揺らして
撫でるとほっぺを真っ赤にするらしく、
可愛い!と私が言うと
「でも、中身はおっさんなんやろ?!」と言ってました。。。
「OLカオルさんの家にいきなり住み着いたきぐるみのクマ」という
キャラクター設定が気になっているようです笑
確かに「きぐるみ」って書いてある以上
中身は人だということですよね笑
それでOLカオルさんはいいのでしょうか笑

まあ、miffyもリラックマもかわいいからいいさぁ♪
また行こ〜♪



[PR]
by juri_ri | 2009-09-21 21:27 | 逸品