<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ミニ研修会へ。

c0063808_111952.jpg
今月の半ばから『サイモントン療法』の
ミニ研修会に参加させていただいています。
以前、カラーセラピーの先生が開いてくださった勉強会で、
認定スーパーバイザーをされている
緩和ケア科の先生からお話を聞いたのですが、
そのときから興味があったのです。
知ったのが急だったので、京都でのミニ研修会を
受けることが出来ずにいたのですが、
先月、その先生にお会いしたときに
今回の研修会のことを教えていただきました。
3回目からの参加です。
しかも参加者の方々は
医療に携わっていらっしゃる方々ばかりなので
緊張して行ったのですが、
ちょうど色を題材にした日だったので
楽しく受けさせていただきました。
受けれなかった1回目、2回目も
また違う場所でされるときに受けさせていただきたいと
思います。

私は医療的に何かできる立場ではありませんが、
あらゆる気持の問題の
何かのきっかけになるのではないかと思い、
参加させていただいてます。

ほんま、もっと勉強しなぁ、と思い、
ほんま、もっと勉強したい!と思います。
濁らず、透明な気持で受けとれますように。


サイモントン療法







[PR]
by juri_ri | 2008-07-22 01:08 | お勉強

夏らしきものを。

c0063808_014663.jpg
友人が鱧の話を日記に書き込んでいたのを見て、
食べたくなった。
祇園祭の頃の京都はいろんなお店で鱧が食べられるほど、
出回る。
学生の頃、先斗町の川床で御馳走してもらったりしてた。。。
今はそのお店もなくなってしまったので
行きたいと思わないけれど、
鱧は食べたい笑
なので、デパ地下。
でも、お店は下鴨茶寮に。
一緒に冬瓜の蟹あんかけも購入。
夏らしきものです♫
c0063808_024088.jpg
こちらも祇園祭関連。
三條若狭屋『ちご餅』
通年でいただけるお菓子ですが、
やっぱりこの時期食べなぁ!って思います。
求肥に包まれた白味噌も
まぶしてある氷餅も大好き♫
粽似せたパッケージも好きなんです☆
c0063808_021575.jpg
先月に母からもらった素麺。
素麺の中に金胡麻、黒ごまが練り込んであります。
意外にも!つるつるでこしもあり、
ふんわりと胡麻の香りのするもので、
あっという間に食べ終わってしまいました笑
素麺というか、冷や麺好き。
c0063808_03293.jpg
お豆腐も京都のお豆腐が好きなんですが、
なかなかこちらでは好きなお豆腐屋さんのものが
買えません。。。
最近、試しで、ほんまに美味しいの?!と
思い購入した男前豆腐シリーズ。
今さら?!と思われるかも知れませんが、
美味しいお豆腐食べたいんです!探してます!
今回初めては、おぼろ豆腐。
この形、斬新。
でも。。。。
美味しいお豆腐って、
美味しい水の味もするように思うのですが、
?となったので多分これまで。
神戸辺りで買える美味しいお豆腐情報
お待ちしております。笑

体冷やすもんばっかり食べたらあかんけど、
食欲は落ちません。。。
恐ろしおすなぁ。。。苦笑





[PR]
by juri_ri | 2008-07-20 00:00 | 美食倶楽部

ルノワール+ルノワール展。

c0063808_2373077.jpg
祇園祭ついでに向かった
もうひとつのアート。
『ルノワール+ルノワール展』
京都国立近代美術館。

画家の父、
映画監督の息子。
親子共演の展覧会。
息子さんが映画監督さんだったとは
まったく知りませんでした。。。

やわらかい、
木漏れ日の光の絵が観たいなぁと思いながら
展示場3Fまであがると
『フレンチ・カンカン』が壁に映し出されています!
おっ!こんな展示の仕方!と
一気に興味が出て、
ずいずい進むと、
家族の肖像を好んで描く画家の父の作品と
偉大な父の影響を受けた息子の映画が
交互に展示されています。
この展示を考えたキュレーターさん、
こういう列びでしたかったんだろうな〜笑
あまりルノワールを知らない人でも
楽しめる感じだったと思います。
絵の雰囲気と映画の雰囲気は
同じ空気感が流れていて、
こんな家族のあり方って
楽しいなと感心しました。

約50点の油彩画からは
ほんとに水とか空気がきらきら光ってる様が
感じられ、
そこに描かれている人々にもまた存在美があります。
描かれている女性モデルの
やわらかく高揚した薄紅の頰は
とてもきれいでやさしい心持ちです。

私は人物画を描こうと思うこともなく
また自分の思うようには描けないので、
つい抽象に走りがちですが、
こんな色使いで人を表すことができたら
描いてみたいな、と思いました。

『きれい』や『やさしい』気持のまま
作品を観れて、終われた展示でした。
行けてよかった。
チケット分けてくれた友人に感謝。





[PR]
by juri_ri | 2008-07-19 02:31 | アートなご案内

甘い物も忘れずに笑

c0063808_0153052.jpg
田舎氷ももちろんそうだけど、
『鍵善 良房』でくずきり。
これは小さい頃から食べてるので、
祗園付近に居たら、いつでも食べたい笑
本葛のくにくにの歯ごたえと
つるっといけるなめらかさが
いつもいつも同じでうれしい。
黒蜜も濃いのにくどくないから
ぺろりとしてしまうんだろうな。

最初に出してくれはる
お干菓子の「菊寿糖」も
ほろほろ甘い。
大好き。

お店の様子は
小さい頃に比べると
とても開放的になって
んん〜ってなるけれど
水琴窟の音がゆらり流れるのは好きかも。
もちろん本物の音なら尚好しですが。
学生のころ、
花園にある妙心寺・退蔵院に
水琴窟の音を聴きに行ったことがある。
やっぱり直接本当の音を聴くと
響いて、染みる。

もう少し夕方まで居たら
『みよしや』さんのみたらしだんごも
食べたかったな〜照




[PR]
by juri_ri | 2008-07-18 00:14 | 美食倶楽部

祇園祭でアート 2 巡行編

仕事の合間をぬって週3で京都に帰った私。
あっつい中、いつもなら寝ぼけながら
旦那さんを見送るのですが、
一緒に出て京都へ。
山鉾巡行を観に。

河原町阪急あがるとタイミングよく
お稚児さんが注連縄切り。
生まれて、ずっと京都やったのに、
初めて生で観た!笑
巡行も通りすがら観たりしたことはあっても、
ちゃんと観たことってなかったの。
「あっつい中、ようおこしやす。」という
気持で観光客の方々を見送ってたけれど、
京都出たら、とたん観たくなるって
天の邪鬼やね。笑
今までも夜に山や鉾を観たりしてたけど、
さすが動く芸術!
前懸、胴懸、見送りに使われている
タペストリーや綴織物、
工芸装飾はいくつも重要文化財になっている。
メラメラに暑い日だったけれど、
全32山鉾、写真に収めてきました♫
めちゃきれいやった!
c0063808_23222168.jpg
くじ取らずとして、毎年先頭の長刀鉾。
あの文字の衣装、カッコいい!
c0063808_23251678.jpg
生稚児さん、おつかれさんどすなぁ。
c0063808_2328858.jpg
油天神山。
前田青邨原画「紅白梅図」の胴懸。
色鮮やか〜!!!
c0063808_23321937.jpg
保昌山。
前懸、胴懸ともに円山応挙下絵。
これ、刺繍ってすごい!
平井保昌が和泉式部のために紫宸殿の紅梅を
手折ってくる姿を表した山。
今も昔も恋のために男の人は大変やね。
c0063808_0491891.jpg
占出山。
前懸、胴懸に「日本三景」
見送り「双龍宝尽額牡丹鳳凰文図」
艶やか☆
くじ順が早いとその年のお産が軽いそうです。
8番目でした♪
c0063808_0582545.jpg
鶏鉾。
16世紀ベルギーで制作されたタペストリー
重要文化財の見送りです。
水引の下絵に松村呉春。
c0063808_114985.jpg
霰天神山。
胴懸に上村松篁下絵の「金鶏図」
対の胴懸は上村淳之下絵の「銀鶏図」
親子共演!来年撮ります!
c0063808_163371.jpg
芦刈山。
尾形光琳原画「燕子花図」
前懸、見送りも山口華楊原画の
りっぱな獅子や鶴です。
c0063808_1112474.jpg
蟷螂山。
前懸、胴懸、見送りは
羽田登喜男作の友禅染め。
からくり仕掛けがあり、山が動くと
カマキリの首や手、羽根が広がります。
c0063808_1201287.jpg
船鉾。
船首を飾る木彫総金箔置の「鷁(げき)」
船腹をぐるり囲む水引は
西村楠亭下絵の刺繍!
大舵の青貝螺鈿も見事な細工でした!
c0063808_1293350.jpg
黒主山。
復元新調された「鳳凰牡丹図」の見送りは
華やかな限り!
曵いてらっしゃる方のストライプも粋で
「黒」の字体が好きです。
c0063808_133259.jpg
鯉山。
本来一枚のタペストリーだったものを
9枚に断ち切り山の周囲を飾ってある。
こちらも重要文化財。
詩人ホロメスの叙事詩『イーリアス』の
トロイ王を描いたものだそうです。
鶏山の見送りと一連のもの。
c0063808_140313.jpg
山鉾巡行の最後の曳山。
南観音山。
見送りに加山又造下絵「龍王渡海図」

撮れた写真は私の大事な宝物になりそうです♫
ついついたくさんアップしてしまいましたが、
実物はほんとにきれいで、艶やかで
ため息が洩れるほど。
この日はめちゃくちゃ暑かったけれど、
進むのも異様に遅かったけれど、
そんなことも帳消しになるぐらい
Beautiful!Excellent!と
叫びたくなりました笑

あぁ〜やっぱり京都ってええわぁ。



[PR]
by juri_ri | 2008-07-17 23:04 | アートなご案内

祇園祭でアート 1

文の助茶屋で田舎氷を食べた後、
両親とともに通り雨の中
長刀を買いに四条通へ向かう。
ゆっくりと日が落ちてゆく中、無事に長刀鉾へ到着。
粽を疫病災難除けとして買われるのが多いけれど、
うちはずっと長刀。
玄関や目につくところに置いていて
来年の祇園祭で新しい長刀と交換をする。
疫病邪悪を祓うものとして用いられているそう。
うちにはなくてはならないものになっています。

通り雨の後、蒸し暑さもピークで
両親は大丸さんで買い物がてら涼んで待っててもらい、
私はカメラ片手に大路小路を駆け回ります。
何年か前、旦那さんと訪れたときに、やたら写真を撮っていて
やっぱり京都の人じゃないから珍しいんやわ?って
思っていたら
提灯などに描かれている、それぞれの山鉾の文字が
面白い!カッコいい!となっていたのでした。
小さい頃から当たり前のように観ていたので、
特に感心を持ってなかったけれど、
よくよく大人になってから観ると
確かに!めちゃかっこいいやん!
今で言う『フォント』です。
文字のデザインが好きになってる
私にはとても魅力的。
少し前にその写真を見直していて、
今年は私も撮ってみよう!と思っていたのでした。
そのうちの幾つかを。
c0063808_2211492.jpg
長刀鉾の文字。
上でお囃子を演奏してはる方々は
この文字の入ったゆかたを着てらっしゃいます。
かっこいい!
c0063808_225276.jpg
c0063808_2261781.jpg
月鉾の『月』の文字。
c0063808_2275486.jpg
放下鉾は日・月・星の三つの光が下界を照らす形から。
c0063808_22103379.jpg
c0063808_22105137.jpg
蟷螂山の提灯にはカマキリがかわいらしく描かれています笑
c0063808_22125133.jpg
函谷鉾の『函』の文字。
一瞬人の顔っぽく見えるのは私だけかな?
c0063808_22243896.jpg
占出山、『出』も『山』もいい形です。
c0063808_22261761.jpg
鯉山!
もうメロメロです。笑
この文字楽しすぎます♫
『鯉』の字、泳いでるよ☆

こんな風に観れるようになったのも
大人になった証しでしょうか笑

今まで当然のように存在してたものが
ものすごいものだと気づくのって
自分以外からのきっかけが多いように思うので、
近しいひとたちの興味にも
傾聴したいな、と思います。






[PR]
by juri_ri | 2008-07-15 21:17 | アートなご案内

田舎氷まで。

c0063808_2237435.jpg
京都で有名なかき氷屋さんもありますが、
私は断然ここのかき氷が毎年食べたくなります。
文の助茶屋本店『田舎氷』
八坂の塔まで行かないといけないので
京都に帰ってもなかなか行けないのですが、
祇園祭ついでに
今年初めてのゆかたを着て
両親とともに行って参りました。
やっぱり本店で食べるのが
情緒あって気分的にもうれしい。

たっぷりかかったきなこシロップに
きなこアイス。
白玉はもちろん、
かき氷の下には
ニッキの効いたわらび餅が冷え冷えで入ってます。
学生の頃から食べてるからか、
なんかほっとする味。
この夏中にもう一回は食べにきたいな
c0063808_22424455.jpg
仕事先のバイトくんは京都にも
「さるぼぼ」がいると思ったそうです。
ちがいます。
「くくり猿」と言います。
八坂庚申堂さんのお守り。
お猿さんが手足をくくられて動けない状態を
表しているのですが、
同時に、人間の中の欲望をくくってる様も
表しています。
欲望のコントロールのお守りですね。
八坂界隈の軒先には
たいがい下がってはるので
これを観ると
「あぁ〜八坂にいるなぁ」と感じます。
c0063808_2247276.jpg
祇園祭に雨はつきもので
毎年通り雨に降られるのですが
↑しかもかなりの豪雨、雷さん!
今年初めてのゆかたは、
先日購入した萩の半幅帯を
角出し風に結んでいきました。
『着物一枚に帯三本』と言いますが、
今年はほんとにそんな風に楽しめそうです♫
まぁゆかたも6枚持っているので
いろいろ遊べるのですが。
母には
「そんなようけ持ってどうすんの?!」と
言われていますが、
夏着としてふらっと出かけるのに
大活躍です☆

毎年やっぱり新しい柄が欲しくなるので
まだまだ探し中。
古典柄や
大輪の花柄を探しています。笑







[PR]
by juri_ri | 2008-07-14 22:36 | heal

出会い。

c0063808_2155220.jpg
ここ2,3年、毎年出会ってる気がする。

仕事帰り、バスを降りて歩いていると
地面でもぞもぞとゆっくり動いてる。
蝉のコ。
普段の私は虫がもっとも苦手。
特に飛ぶのはまったくダメです。
なんでこっち向かってくるの?!ってなる。

なのに、このコは見つけると
ついどこか安全そうなところまで行くのを
見届けてしまう。
初めての地上はどんな感じ?とか
夜空ってどう?って聞きたくなる。
一心不乱にどこかを求めて
よちよち歩いてるんだけどね。
初めて地上に出てきて
羽化するための木を本能で感じて
向かって歩いているんだと思うと
すごいなぁって思う。
私も直感でいろんな道のりを選んだり
歩んできたりしたけれど、
これも本能なのだろうか?
生きてるって神秘的だ。

蝉の羽化を以前観たことがあって、
羽化したての羽根が
透明なエメラルド色で
ものすごくきれいだったことを覚えてる。

階段の踊り場とかで
飛ばれたりすると
ひぃぃぃぃぃ〜!!!!!って
なるんだけどね。。。。。
急にぶぶぶっん!ってなるから。。。。。

羽根ができたら嫌いになるって
ごめんね。



[PR]
by juri_ri | 2008-07-13 21:04 | heal

芦屋ぷりん。

c0063808_20315613.jpg
c0063808_2032147.jpg
毎週土曜日はランチの日☆
旦那さんと芦屋をぶらぶらしながら
おいしいランチを食べに行きます。
その帰り、ふと旦那さんが
「ついでやし、芦屋ぷりんでも買いに行く?」
と、もうなかばお家への帰り道で言ったりしたから、
バスに乗って芦屋ぷりんを買いに行った。

以前テレビで知って、
そんなのあるんだ〜!ってなってた。
おでん屋さんが本来のお店。
姉妹店であるぷりん専門店『とあっせ』
放し飼い有精卵、低温殺菌牛乳、
無添加生クリーム、オーガニック粗製糖が
使われているぷりん。
素材の紹介だけでも美味しそう!ってなる。

お昼過ぎに訪れた私たちを待っていたのは
気分がノッたときにしか作らない、
↑お店の人がそう言ってたの笑
シフォンケーキ。
そう言われたからには買わないと!って
旦那さんが言ったためシフォンケーキと
三種のぷりんセットを購入。

帰って、まずシフォンケーキをもぐもぐ。
!!!!!
卵の濃厚な味わいとやさしい甘み。
ふわふわでしっとり♫
ハチミツの香りがふんわりとする。

夜のデザートにぷりん三種。
芦屋ぷりん・はちみつぷりん・らんのぷりん
それぞれにキャラメルシロップ、
ハチミツ、りゅうぜつ蘭エキスがついていて、
それぞれにかけていただきます。
とろりとしたクリームのような
なめらかなぷりん。
はちみつぷりんはぷりん自体からも
はちみつが味わえて、
初めていただいたらんのぷりんは
口に入れたときにほわっと花の香りが
感じれます。
どれも旦那さんと半分こして食べたけれど、
どれも違って美味しい〜!

はちみつ、らんのぷりんには
お砂糖が使われてないそうで
作り方がものすごく気になるところ。
また、買いに行って
はちみつのことなど聞いてみたいな〜と思います。

おでん屋さんにも行ってみたいな。
ほんと芦屋って飲食に困りません笑





[PR]
by juri_ri | 2008-07-12 20:31 | 美食倶楽部

豊作☆

c0063808_2122194.jpg
パパファームは初めて4ヶ月ほどなのに
大豊作です。笑
帰る度にもらって帰るのですが、
朝穫りしたものを何度か送ってもらっています。

ジャガイモは男爵もメークインも
ミディトマトや桃太郎トマトは
香りが売られているのより
濃厚で食欲湧きます♫
売れるで!と言いたくなるほど
お茄子はとてもきれいで、
大きいのに大味じゃない胡瓜も
皮が少し固いものの、
サラダにも炒め物にも大活躍です笑
黒豆の枝豆も
香りが濃厚でツルッといただき、
小ぶりながらも万願寺とうがらしは
おばんざいにはちょうどいい大きさになりました。

ほかにも、
今、現在収穫が待たれているのが
トウモロコシ、ゴーヤ、オクラ、
スイカ、南瓜。
さらに葱坊主をご近所さんからいただいて
育てるつもりのようです。

パパ一人で育てる量か?!と
思わず突っ込みたくなります。
が、話を聴く度に
楽しそうなので良しとします。笑
マミー曰く
「juriに渡す用の野菜、
 うれしそうに穫ってはるわぁ〜。」
とのこと。
なのでパパファームの野菜を
料理に使ったら
写メを送ってみたりもします。
c0063808_21504383.jpg
メークインのポテトサラダ。
胡瓜やお茄子を使って青椒肉絲に。
c0063808_2151132.jpg
万願寺とうがらしとお茄子の煮浸し。
男爵と玉葱をふんだんに使って肉じゃがも。
味は染むのに煮崩れしないので
バイト先の友だちにもお裾分けしました。

使う度に思うけれど、
なんだかたくましい野菜たちです。笑
煮崩れしないし、
濃厚な香りだし、
傷まない。
無農薬でたくましく育ってきたのが
関係してるのかな?
パパの手間ひまも
備わっているんだと思います。

次はゴーヤとスイカかな笑





[PR]
by juri_ri | 2008-07-11 21:21 | 逸品