<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

全仕事!

c0063808_14304449.jpg

25.Mar.2007
伊勢丹で展覧会を観た後、横のホテルでパーティーに出席。
そのために着付けてもらったのですが、大学の先生の退官パーティーでした。
2月末、卒制展で偶然先生と会ったときに
「200人を超えたらしい!」と教えてもらっていたのですが、
ほんとにすごい人数になってたみたいです。
クラスメートの友人たちとも会えました。
友人男子たちには、ハガキを送っていたけれど、
旦那さんを初めて紹介。
お互い人見知りな感じです。笑。
会えてなかった友人女子たちにも紹介。
何人かすでに会った顔を見ると
旦那さんもほっとしてた模様。
一気にたくさんに会わせても、わからなくなるし
徐々な感じで会っていってもらいたいと思います。

ものすごく久しぶりに先輩方や他の先生にも会うことができて
ちょっと興奮でした!
アメリカ・ミシガン大学でお世話になった先生も
このパーティーを機会に3週間程帰国されていて、
来年の展覧会の日程を教えてもらうことが
できたので、絶対に行こうと思っています☆
他にも「作品を展示してるなら連絡して!」と
言ってくれた先生も!
しかもうちの旦那さんに
「友達です!」と
言ってくれはったのがとても嬉しかった。
ほんとに大学で出会った友人たち、先輩、先生たちは
ほんまに大切な宝物だと思っています。
だいじにしなぁ♪
これを機に展覧会などは
漏れ無く行きたいと思いました。

退官される先生はうちの専攻のボスで、
在学中は怒られたりして怖かったこともあったけれど、
先生のご自宅&工房に遊びに行ったことや、
草野球の応援に行ったり、
教授室で青島ビールを飲ませていただいたり、
墨工房や美術館の見学、
いろんな方との出会いのきっかけ…と
たくさんのご縁を結んでいただいたように
思います。
パーティーの終了に伴い、先生の全仕事をまとめあげた本を
戴くことになっていました。

実際にたくさんの作品を見せていただいて
いたけれど、改めて本をみて、
その膨大な作品の数に驚きました。
これからもきっとまだまだ作られることだと思います。

受け持たれてる大学院生がいるため、
その方達のために大学には
週に2度来られるそうで、
「新しい校舎、まだ見てないやろ?
居るから来なさい!
9月には展示もするから招待状また出すわ!」と
言っていただけました。笑。
ぜひぜひ、お伺いしますよ♫

こんな楽しい会は何回あってもいいなぁ☆


[PR]
by juri_ri | 2007-03-30 23:20 | アートなご案内

『ヘミングウェイが愛した街 1920年代巴里の画家たち展』

c0063808_2341858.jpg

25.Mar.2007
昼から京都へ。
髪を結わえてもらい、
着物を着せてもらい、
京都駅へ。
旦那さんと合流して、
友人から頂いたチケットで
見てきました。
幼稚園の頃から触ってもらってる
美容院の先生も
「見たよ!よかったよ!」と
おっしゃっていたので
楽しみにしてたんです。
ヘミングウェイの小説はそんなにたくさん読んでいないけれど
その時代の巴里の画家たちの作品は
かなり見ていると思います。
晩年のヘミングウェイをロバート・キャパが
写真に残していて、
家族と仲良くピクニックに出かけている
写真はとても印象的でした。

入ってすぐにシャガールの作品が並び、
優しい色使いにほわっとした気持ちになって、
ローランサンの生の絵をとても久しぶりに見て、
最近いろんな展覧会場で目にする
キスリングの不思議な人物を見て、
ユトリロの絵を見て少し悲しくなって、
藤田嗣治の子供の絵を見て
可愛さに可笑しくなって。
気分が盛り上がってきた頃に
もう出口が見えていました。
デパートの中の美術館だけに、
約40点ほどの作品が
展示されていなかったようなのです。。。
狭いですからね。。。
図録を見ると
ほぼどの画家の絵も削られていたようで、
残念さが少し残りました。

でも、ローランサンの絵が
久しぶりに生で見れたからよし!

チケットくれた友人に感謝☆


[PR]
by juri_ri | 2007-03-27 23:50 | アートなご案内

『夢の美術館 展』

c0063808_14365326.jpg

24.Mar.2007
雨の中、大阪まで。
ぎりぎりで見てきました。
『夢の美術館展』と『ピカソの版画と陶芸』
ちょうど、私のblogを見て
連絡をくれたので
広島から帰京した友人と現地待ち合わせ。
いつもはっきりと時間を決めないものだから
今回もばたばたとしてしまい、
『ピカソの版画と陶芸』は軽く流すように見ました。。。
今度から気をつけよう!
「貧しき食事」のエッチングがあったり、
つい先日見た
「夜、少女に導かれる盲目のミノタウルス」の
アクアチントがあっておっと!と思いながら
陶芸も可愛いな〜と目で追って、
先に来ている友人を捜しました。
『夢の美術館展』は比較的ゆっくりと。
でも最後のほうは
閉館に伴い、追い出されるように出たけれど。。。
ばたばたでも見に行ってよかった。
デュシャンやモディリアーニ、
ピカソ、マンレイ、ウォーホール、
ジャッドにキスリング、クレー、カンディンスキー、
ブランクーシ、マネ、セザンヌ、マグリット、
ダリ、デ・キリコ、デュビュッフェ、
ロスコ、クーニング、
チャック・クロースにリヒター、キーファー…。
ほんとに盛りだくさんだった。
「これ、何回見てもええわ〜♡」という
作品でいっぱいだったように思う。
最後にキーファーの『星空』には
迫りくる係の人たちの言葉も聞こえなくなるぐらい
入り込んでみてしまった。
その横にリヒターの眩い色の作品を見たから
よけいに静寂を感じることができたのかも
しれない。

一緒に見ていた友人も
この絵の前で立ち止まっていたから、
吸い込まれていたのかもしれない。
美術を学んできたわけではない
彼女がいつもまっすぐに作品を見ているのを
見ているのが私はとても好きだ。
これからもまたなんか見にいこなぁ。
今度は時間決めてこ。笑。




[PR]
by juri_ri | 2007-03-27 00:49 | アートなご案内

『PICASSO展』

c0063808_14383629.jpg

大丸ミュージアム梅田でしている
『PICASSO展』を見に行ってきた。
旦那さんと久しぶりにゆっくり休日。
ルートヴィッヒ美術館コレクションを
見たことがあったのかは
忘れてしまったけれど、
何点か見たことあるエッチングが!
ヨーロッパで最大級のピカソの作品数を
誇るだけあって、
展示の数は美術館並みだった気がする。
ミノタウルスシリーズのエッチングから
『ミノタウロマキア』もあって、
『ゲルニカ』を実際に見てみたいと思った。
色彩のあるものが少なかったけれど、
時折、ハッとするような鮮やかな
クレヨン画に見とれてしまう。

家にこれでピカソだけの図録が5冊になった。
明日、ぎりぎりで
国立国際美術館のピカソの版画展を
見るので、きっと6冊になる。
結構、いっぱい見てるのかな?
でもきっとまだまだ足りないし、
まだまだ見たいと思う。
何度も何度も見て、
何度も何度も「すてきだ!」と思う。
その線のきれいさに息を飲む。
そして、少し怖くなる。
無邪気な戯れのような線や色に
嬉しくなる。
もっともっと見ていたいな。


図録ばかり入れてる本棚が
いっぱいになってきてしまった。。。
なんとかせねば。。。




[PR]
by juri_ri | 2007-03-23 23:12 | アートなご案内

四ツ葉のクローバー☆


広島にいる友人から届いたハガキ!
○丸い!○
クローバーがいっぱい描いてある中に
一つだけ四ツ葉のクローバーが隠れています。
探さなきゃ!

見つけた時、
「よしっ!」と思わず言ってしまった。。。

ここから見つけられるかな?!

いつも彼女のセンス輝くgoodsを
送ってくれたりするので、
今度は私が!といつも思っています。。。
なかなか筆無精でごめんよ。

c0063808_1440487.jpg

[PR]
by juri_ri | 2007-03-21 22:36 | アートなご案内

初!


気がつけば、主婦なのに週5で働いていて
ばたばたです。。。
私、週3ぐらいが希望なんですが。。。
その合間をぬってしたかったことをしています。
そんな、たいしたことではないけれど。。。
c0063808_1442529.jpg

?_?な写真ですが、
これ、初めて作りました。
『いかなごのくぎ煮』
兵庫県の春はここからくるようです。

明石に両親のお友達がいて
毎年送ってくださっていたので
何度も食べたことはあっても、
作ったことはなかった!
そういえば、学生の時、
京都・岩倉の地で生新子←と漢字では書くそう。
売ってたの見たことあったな〜。
兵庫県特産ではないのかな?

市場から届いたばかりの生新子は
1kgパックにされていて、
その傍らにあったレシピも
1kg単位でした。
そんなにいらないんだけどな〜と
思っていると、ふと目の前にいる
おばさまは6パック程購入。
そんなに!!!!!
たくさん作って配ることに意義があるようです。
私がまじまじとレシピを見ていると
「作るの初めて?
今年のは小さいから、お箸で混ぜたら
あかんよ。かたちなくなるから。」
と、親切に教えてくださいました。
これ、小さいの?と思っていましたが、
煮詰めていくと、おばさまの言ってたことが
よ〜くわかりました。
言われた通り、お箸で混ぜなかったけれど、
どんどん小さくなっていく〜!
小魚というか、そぼろ。。。?
でも、味はまだ好しだと思います。
その家庭家庭で同じ材料でも
やっぱり味は変わるそうです。
私は明石からの味と
旦那さんの亡くなったお母さんの味を
思い出しながら生姜たっぷりめで作りました。
残念ながらお会いしたことはなかったけれど、
付き合っていた当時、
彼の実家から送られてきた「いかなご」を
食べさせてもらったことがありました。
照り・艶とか、固さとかまだまだだけど、
来年はもう少し近づけたらいいなぁと思います。

早く暖かくならないかな〜♫




[PR]
by juri_ri | 2007-03-19 21:09 | ご案内

火がついた!

c0063808_1444723.jpg
何度かこのblogでも書き込んでいたけれど、
京都に拠点をおく美味しいロールケーキ。
『フロール』の先生が関わられた本が出ていました。
以前の仕事先の先輩が、
そこのお菓子教室に通われていて
本が出ることをメールで知らせてくれたのです。
最初は購入を考えていなかったけれど、
本を見て、即購入。。。笑。
中はレシピが満載で
しかも、「これなら作れそうだな。」
と、思えるものでした。
ロールケーキはもちろん、
フィナンシェやガレット、
ブラウニーやタルトのレシピまで!
作り最中の写真もたくさん載っていて
これは使える!と意気揚々☆
次の日、さっそくアーモンドプードルとか
買いに行ってフィナンシェ作っちゃいました。
意外と簡単だ!
前の日の晩に仕込んでおいて、
朝焼けば、できたてのフィナンシェが朝食に
できるので、いいかも♡

働いてる紅茶屋さんには
パティシエスタッフがいるので
神戸で材料を購入できるお店を
教えてもらい、
お菓子作り再開しよ〜!

教えてくれた先輩に
お礼メールしなければ!




[PR]
by juri_ri | 2007-03-16 23:16 | お勉強

White Dayに。

c0063808_14463835.jpg

WhiteDayに旦那さんからもらったもの。
ひとつ一つ、手作りされたグラス。
チョコも半分づつだから、
グラスもペアで。
きれいなかたち。
赤ワインでも、白ワインでも
アイスクリームでも
合いそうだ。

[PR]
by juri_ri | 2007-03-15 22:40 | ひとり言

『かんたんアクセサリーコレクション』

c0063808_2125870.jpg

友人がアクセサリーデザインを担当している本が
発売されました。
『ビーズを通す・つなぐ・結ぶだけ
かんたんアクセサリーコレクション』
(日本文芸社)

学生の頃からビーズアクセ作ってた。
その仕事で東京に赴き、
この度、独立しての仕事と聞いて
絶対買わなくちゃ!と思っていた。
以前にも彼女ががんばって参加していた
本があって、それも持っているけれど、
彼女の名前は残念ながら掲載されていなかった。
でもでも!
今回のはがっちり載ってます♫
友達の名前が載っている本が
本屋さんに行けば全国に置いてあるって
ほんとにすごい!
平置きされていた本を手に取って
作品や名前を見たときに
「ムフフっ♫」とにやけてしまった。
離れてはいるけれど、
blogやメールでものすごくがんばってやっていたのを
知ってるから、形になったのを見て
ほんとに嬉しい☆
ぜひぜひ一度見てみてください!

ちなみにHPも開設されてます。
http://www.fumitsuki.net
きれいなHPです。
「月」は彼女の雰囲気にとっても似合ってます。
月の夜の曲を彼女から教えてもらった
からでしょうか?

私は残念ながらビーズアクセって
苦手なイメージがあって
したことがなかったんだけれど、
これを機にチャレンジしてみようかな?と
思っています。
だって、今まで見たビーズの
How to本の中で
一番わかりやすい気がする。
始めようと思っている方には絶対いいと思う!



[PR]
by juri_ri | 2007-03-12 22:13 | アートなご案内

colorful

c0063808_14484556.jpg

仕事の帰り、
久しぶりにsony prazaに立ち寄る。
目的は以前にも載せた
キャラメルサンドのワッフルを
購入するためだったんだけど、
三宮のソニプラって入ったことがなかったから、
(道に迷ってサンチカのお店の人に聞いたら
『逆やで!』と言われてしまった。。。)
ちょっと寄り道。
WhiteDay向けの商品が並ぶ中、
ん?!これは!
Easterだ!!!
colorfurなHERSHEY'SのKISSables。
はじめて見たな〜、こんなのあるんだ!
キャンディーコーティングしてあって、
Easter仕様はこんなcolorful☆
他にも st.valentine仕様の赤いのもあった。
そっちはかなり大きい袋だったので
断念したけれど。
そういえば、WhiteDayって日本のものだけだと
思うから、がんばって「らしい」商品を
販売してるのかな?

今年は4月9日がEasterMonday。
幼稚園がキリスト教系だったので、しました!
EasterEggを作って。
確か、テープか何かで模様を作って
卵に貼って、食紅入りのお湯で
ゆで卵にして、お祝いしたと思う。
小さかったから何をお祝いしていたのか
よくわかってなかったけれど、
意味深い日だと思う。

そういえば、ChocoEggも売ってた。
中からDisneyPrincessが出てくるのとか。
昔「TwinklestarChoco」っていう
お菓子があったよね〜と
友人とblogでやり取りしたのを思い出した。
あれ、好きだったな☆




[PR]
by juri_ri | 2007-03-10 00:59 | ご案内