<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Jean Nouvelさんという人。


30.jun.2006

旦那さまに誘われ,フランス人建築家
Jean Nouvelさんの講演会に行く。
以前から,旦那さまに写真や,
雑誌に掲載されているプロジェクトの話などを見せられたり,聞いていたので,
どんな話をするのだろう?とワクワクで行った。
私は彼の建築されたものを生で見たことはない。
ただ実際に見たらほんとに目を惹く建物なんだろうなぁと思う。

たっぷり,二時間近く。
彼は自分の建築物の写真や図面などを用いて
話してくれた。
海外の方の講演を聴くのは初めて。
しかもフランス語なので,
たどたどしい同時通訳を頼りに
後は巧みに想像力を動かせて内容を追っていくことになる。
しかし,
なんていうか,とてもcharmingな方でした。
自分の建てたものに対して
とても愛情を持っていて,
それでいて,その場の景観に対する
理解を追求して
それらのことを多くの人々に気付いてほしいのかな。
と私は感じました。

まあ,建築に携わっていない私の受け取り方なので,
違う!と言う方もいらっしゃるかもしれませんが。。。

それにしても,
建物の色の使い方が本当に艶やかでした。
ガラスや鏡に反射される街並までもが
建物を空間にとけ込ませる効果を担って
なんてイマジネーション豊かな方なんだろうと思います。
完成形を完璧に想像できないと,
偶然だけではここまでたくさんのたてものの効果は
発揮できないと思います。

ここ2,3年の内に
実際のものを見に行けたらいいなぁ。
旦那様の建物探彷にくっついて行くうちに
私は綺麗なたてものの写真を撮ることも
好きになりました。
いままで気にせずにいた所まで
見ようとしています。
今回紹介された写真,
抜群に綺麗だった。
私もそんな風に撮れたらと思います。


[PR]
by juri_ri | 2006-06-30 23:41 | アートなご案内

そら 3

c0063808_18331512.jpg


27日のそら。
夕日に照らされて,薄紅いろになる雲が
どんどん色を濃くしようとしてた。

今晩から,しばらくあおぞらは見えない様子。
雨もいいんだけどね,大地には。



[PR]
by juri_ri | 2006-06-30 13:31 | heal

そら 2

c0063808_18361018.jpg


昨日の夕焼け。
山間にゆっくりと落ちてゆく様が
部屋の小さな窓を覗き込むと見える。




[PR]
by juri_ri | 2006-06-30 13:30 | heal

そら 1

c0063808_1838541.jpg


今日はこれから雨になるって。
海の近くだから,風が吹いて,
雲も流されて
雨なんて降らないんじゃないかと思えるそら。

ここ二,三日撮っていた
そら。

携帯からなので一枚ずつで失礼します。



[PR]
by juri_ri | 2006-06-30 13:29 | heal

匂い。


この二,三日,本屋さんでいい本はないかと探している。
アロマテラピー・アロマセラピーの本を。
興味はいままであまりなかった。
友人がセラピストをしていて,
一度全身のマッサージをしてもらって,
ほんっとに気持ちいい〜!と思ったけれど,
そんなにたくさんの事柄を自分の中に蓄積できる気がしなかったので
深くは入り込まないようにしていた。

しかし,
この間行った緩和医療学会で出会った講演。
私の先生の『戦友』と言う方がアロマセラピーの方で
とても丁寧な講演をされていた。
そこで知ったこと。
アロマテラピーとアロマセラピー。
読みが人によって違うだけだと思っていたら,
内容も違うそうです。
テラピーは主にドイツやベルギーで
薬剤としての考え方。薬局にいかないと購入できないそうです。
セラピーは自己治癒や瞑想,心のケアを考えたものだとか。
その話を聞いただけで衝撃でした。
単純かな?
でも,そういうお話を聞いていくうちに
知っておく必要があるんじゃないかな?と思った。
もちろん色の勉強が優先です。
でも色と匂いが一緒にある空間は綺麗だな。と
単純に感じたのです。

毎回の講習で,先生のお部屋にお邪魔しますが
とてもいい匂いが部屋の中の空気に漂っていて,
なんだかほっとします。

気分が良くないときは
どんなに好きな匂いでも×な人なので
今まで避けていた分もあるのかもしれないと
思っているのですが,
少しだけ,知識として知ろうと思います。



[PR]
by juri_ri | 2006-06-29 12:18 | heal

海。


今日も昼から,雲もなく晴れて暑かった〜。
自転車で西宮まで行っていたのだけど,
30分,立派に走ったからエクササイズになったかな?
帰りは,今から夕焼けになるぞ!っていう空の下,
海沿いを走って40分。
どんどん出る汗もそのままに
時折ふわっと吹く風が
京都では味わえない海の匂いを連れてきて,
海の近くに住んでいるんだなぁとびっくりさせられた。

京都は淡水の匂いがしてた。
琵琶湖からの疎水があるからか,
通ってた高校も疎水沿いにあったし
慣れ親しんだ感じだった。
水が濁り気味だったので
魚もいたんだろうけど,あまり見なかったし。
鴨川や高野川が透明で魚がいるのがわかると
うれしかった。
お弁当を半分ぐらいあげてたほど。

今の家のすぐ横に流れる川は
海からの水と山からの水が途中で交わったりするらしい。
「マングローブが育つね。」と言ったら,
「そんなんできんの?」とびっくりされた。
そりゃ,微妙な加減で無理かもしれないけれど
できたら,うれしいなと思った。

川は,
時間がくれば引いたり満ちたりするし,
半透明なクラゲがいっぱい浮いていたことも。
もう引っ越ししてきて
3ヶ月ちょっとするのに,
橋を渡るとき川を泳ぐ魚に見とれる。

ふらっと1人でバイクに乗って琵琶湖に行ったり,
友達と夜中まで鴨川縁で飲んだりしていたから,
まだちょっと海の匂いに敏感に反応してしまう。
ずっとドキドキしたままかなぁ?

[PR]
by juri_ri | 2006-06-28 23:57 | ひとり言

ふわふわ

c0063808_18422798.jpg
ちょっと焦げちゃいましたが,
ふわふわシフォンケーキ☆
最近,料理の写真ばっかりですね…。

卵の白身がちょうど3つ分あって,
それをどうしようかなあ,と考えてたら
ちょうどいい具合に白身をたくさん使うシフォンケーキに
たどりついた。
実家にいるときはかなり作っていたお菓子。
学校や働き先にも
行事ごとに何かしら持っていたりしていた。
みんなの喜んでくれる顔が見たくて。
奪い合いになったこともあって,
それはちょっとした自慢。

でも,料理器具のほとんどを実家においてきたままにしているので
まず,少し大きな深いボール(←これがないとメレンゲを作るのに零さないでできる!)と
小さめのゴムベラ,紙製のシフォンケーキ型を
買いに出た。
ちょうど製菓器具や様々な材料を扱っているお店があるので
そこでワクワクしながら物色して,買って帰ってきた。

久しぶりにメレンゲなんか作るから
手はどんどんだるくなってくるけど,
これが決まらないとシフォンケーキはダメになっちゃう。
がんばりました。。。

おかげさまで,一応ひとつはフワフワに。
もうひとつは,オーブンにひとつしか入らないため
一個が焼き上がるまで時間を少し置いて焼いたのは
ちょっとふわとろな感じになってしまった。
やっぱり,マメに作らないと
腕は鈍るな!!!

料理も,えがくことも,ものを創りだすことも
常にしないとね。


[PR]
by juri_ri | 2006-06-27 19:11 | heal

晩ご飯 2

c0063808_18434257.jpg


ちょっと写真がピンぼけです。。。
カルボナーラ。
これも作ってもらいました。
これで週末の晩ご飯は彼の手料理三昧。

おつかれさまでした。
また,時々よろしくね。

さあ,今日の晩ご飯の準備をしよう。

[PR]
by juri_ri | 2006-06-26 17:22

晩ご飯 1

c0063808_18445070.jpg
あんまりものが何なのかわかりませんね。。。
実は琵琶湖で獲れた小鮎です。
フッリターにしてあります。
調理する前のお魚の写真も撮っていたのですが,
なんだか怖くなってアップするのをやめてしまいました。。。
私,お魚の顔,ちょっと怖いんです。。。
じっと見てられないんです。
生きているときはいいんです。
泳いでいる様を見ているのは大好き。
水の中で,なんて気持ち良さげにさやさやと泳ぐんだろう。と
見惚れてしまうのですが。

お魚写真は旦那様のblogに掲載されるかも,です。
なぜなら,この小鮎,
私が学会に行っている間に,旦那様の会社の上司の方が
わざわざ届けてくださったもの。
とっても綺麗な色をした小鮎でした。

そして,実は
これらを見事に調理し,
おいしいフリッターにしてくれたのは旦那様。

お魚料理,苦手じゃないですよ。
丸アジを三枚におろして,梅シソ揚げとかできます!
(必死の弁明。。。)
旦那様にフリッター作りのやる気が
満ちあふれていたので,お願いしました。
結婚する前にも,何度かフレンチを食べさせてもらってます。
美味しいもの好きなだけに,作ってくれる料理は美味しい。
舌のセンスなんでしょうね。




[PR]
by juri_ri | 2006-06-26 17:21

久しぶりの学会です。。。


先週の金曜・土曜に緩和医療の学会に行って,
様々な先生方の講演を聴いて参りました。
『学会』は久しぶりです。
大学院生だった頃に一度行っていますが,
今回の会は大変大きいもので,
出席去れる方々の人数も半端ではなく,
わりと紛れながら,
ウロウロと興味のある講演を聴きに会場に足を運んでいました。
私は医療に具体的に携わっているものではないので,
専門的な話(薬学的なことなど)になると
ふんふん。。。と聞くだけになってしまうのですが,
コミュニケーションやケアについての心持ち…っと
言っていいのかわかりませんが,
各先生方が研究されたり,実感されたことなどを聴いていると,
日々のいろんなことが自分の糧となり,
勉強に繋がるんじゃないかなぁ。と感じました。

やっぱり,人と人とのことなので,
コミュニケーションや気遣う心とかって
必ず要るもの。
こうであるべき!という形がないものなだけに
難しい。
それらを培う自分になれるように
日々,在りたいと思う。

貴重な勉強会になりました。


[PR]
by juri_ri | 2006-06-25 01:36 | お勉強