カテゴリ:言の葉( 49 )

私はげんきです。

おもわず『魔女の宅急便』のキャッチコピーを
拝借してしまいました(笑)
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
糸井重里さんのコピー好きです。

たいへん御無沙汰しておりました。
友人にもすすめられ、約2ヶ月ぶりの更新です。
毎日の更新から、ぱたりと止まったままだったので
どうしたんだ?!と友人たちはのぞきにきて
くれていたようです。
*感謝*

この2ヶ月の間、引っ越しもあり、
2度ほど入退院を繰り返してました。
今はもう落ち着いて、げんきです◎

まだパソコンの前に長いこと座ってられなかったり、
blogのお引っ越しも考えていたのもあり、
なかなか手つかずでしたが、
iPodや携帯からぽつぽつ更新できたらいいなぁと
思っておりますので
どうぞまたお立ち寄りくださいませ。

とりあえずはご報告まで。



[PR]
by juri_ri | 2010-05-08 14:05 | 言の葉

ムナーリのことば

c0063808_14313156.jpg
『ムナーリのことば』
ブルーノ・ムナーリ 著 阿部 雅世 訳

映画待ちの間、読んでいた本です。
ブルーノ・ムナーリ、美術を好きな人なら知っている人かも。
美術家・グラフィックデザイナー・プロダクトデザイナー・
教育者などなど、たくさんの顔を持っている人。
美術作品を知らなくても、
シンプルでなおかつすてきな色彩の絵本なら
手にとったことがあるかも◎
こどもの世界へ深い興味を持って
こどものためのワークショップなどもひらかれていた
なんともcharmingな方です。

そんなムナーリが晩年、
いろんなところで書き込んだ自身のことばを、
自ら選んで編集したのがこの本。
詩的なものから、なにげない日常のことばから、
ものがたりのようなものまで
すてきなすてきなことばが綴られています。

表紙の少年はムナーリ本人。
手にある懐中時計をみています。
本文にある彼自身のことばを借りると
    
    おとなのしるしに 懐中時計をつけてもらった
    そのとき 僕は10歳で
    でも 何時におとなになったらいいのか
    よくわからなかった

読んでいて、ふふっと微笑んでしまうようなことば。
そのpureな感情に心が洗われます。

本屋さんで何を読もおかな〜とうろうろしすぎて
疲れてなんでもいいか、と思ったときに
ふと目に入ってきたのがこれだったのですが、
前からちらりと立ち読みをしていて、
いつか買おう!と思って延び延びにしてものでした。
前日にちょうど「ことば」の事を考えていて
(ことばを使って作品を作っていたので)
ちょっと気持ちに水を与えないと、と思っていたときに
ぴたりときた本でした。

読みながら、心の中は感嘆でいっぱいで、

    木
    それは
    たったひとつの種の
    ゆっくりとした
    爆発

ということばには
頭の中にゆっくりと進むイメージが流れました。
カフェにて自分から抜け出てました笑
それぐらい、とってもとってもうるおいをあたえてくれる
本に出会ってよかった!と思います◎

映画が始まる前にちょうど読み終えたのですが、
心の中が透明になったような心持ちでした。

もしよければ、本屋さんで
一度、ムナーリさんの本を手にとってみてみてくださいね。
すてきな時間を過ごせれると思います。

実は同じくブルーノ・ムナーリの本を
もう一冊購入しています。
その本も読み終わり次第、ご紹介しますね◎


[PR]
by juri_ri | 2010-02-22 14:27 | 言の葉

読書とは。

今日は雨も降っていたので
もう外には出ないぞ!と決めて
朝、旦那さんの読みかけの本をそのまま借りて読んでいました。
c0063808_21564171.jpg『もったいない主義』
小山薫堂 著
(幻冬舎新書)

小山薫堂さん。
私はもうこの方の肩書きが
なんなのかわからなくなってます笑
放送作家さんから始まり、
ラジオのパーソナリティーもされてて、
ホテルの顧問で、大学教授で、
難波のたこ焼き屋さんの仕掛人で、
『おくりびと』の脚本家で、
オールラウンドクリエーターと
紹介されてて、いっぱい笑
実際、どんな方なのかわからないまま本を読みました。
でも、それでよかったかも。
いろんなことをされているので
きっといろいろを知ってから読んでいたら、
またちがった感情を持ちながら読んでいたかもしれないけれど、
こんな人、楽しくてしょうがない!と
読み終わった後、思って、
読んでる途中、心の中に"!"が
いっぱい生えてきました笑
この方と関わり、全力で一緒に何かできたら
ほんまにめっちゃ楽しそう♪
そして、逆にこの方に「こいつ、おもしろそうだぞ!」と
思われたら、嬉しくてしょうがないかも笑
そんな風に思われるよう自分を高めることしたいと思います☆

物語の情景を頭の中でイメージして読むのが好きなので
エッセイってあまり読まないんだけれど、
最近は旦那さんの影響でよく読むようになりました。
書かれてるその人自身の魅力が等身大に出ている気がするので
気になる人のものなら読んで、
その人を知りたいな!と思えるようになったからです。

そして、もう一冊。

c0063808_0134583.jpg『鬼平犯科帳』
池波正太郎 著
(文春文庫)

渋いですか笑
ただいま全24巻中、3巻まで読んでます。
お江戸の気っ風の良さが
物語の言葉の端々に溢れます。
テレビで観てた鬼平は
歌舞伎の中村吉右衛門さんがされていて
ハマり役だとキャスティングの良さに
惚れ込みました笑
粋を感じます。

時代物がそんなに好きなのか?と思われても仕様がありませんが、
読んでいるのは
夢枕獏さんの『陰陽師』
これぐらいです笑
西は平安、陰陽師・安倍晴明と
東はお江戸、盗賊改メ・鬼の長谷川平蔵。
いや、どちらも種類は違えども生粋なイメージ。
そんなところに魅かれるから
私はよく年配の人から「以外と古風」と言われるのかもしれません笑
ええ、そういうところ、慮ってしまいます。
現代もので恋愛ものなどはほんと読んでないかも笑
自分で言葉を書いて作品にしてたこともあったので
もうおなかいっぱいなのかもしれません。。。

池波正太郎さんの本を今回初めて読ませていただいてますが、
情景を現す言葉の流れがとても好きな感じで、
空気や雰囲気が頭の中に流れ込んできます。
こういう話をすると旦那さんはいつも
「大変やな〜」と言いますが、
私はこういう「言葉の情景の中」に
浸ってみるのは好きなほうなので
別段問題ありません。
全24巻まではまだまだ遠い道のりですが、
じっくり読んでいきたいと思います。

その合間にエッセイを読むと
また違った頭の感じ方ができるので
おもしろいのかも知れないな。
さあ、次は誰、読もうかな?笑



[PR]
by juri_ri | 2009-04-21 19:52 | 言の葉

あけましておめでとうございます。

c0063808_2354835.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もつれづれと書き綴りますので、
どうぞよろしくお願い致します。
写真は以前に兄の自宅から見た初日の出。

実はまだ昨年末の事ごとで
記しときたいな〜と思っている事があって、
明日、時間ができるので
ちょこっと巻き戻しで記しときたいと思っています。
すいません。
お付き合いくださいませ。

今年の抱負。
家での過ごし方を整える。
手に職を!
日々勉強で!
です。笑
なんのこっちゃ?!ですが、
少しずつ形に表していければと思っています。

どうぞお見守りくださいませ。


[PR]
by juri_ri | 2009-01-01 23:53 | 言の葉

蕩蕩、滔滔、登登なるもの。

c0063808_158592.jpg
『How are you,PHOTOGRAPHY?』展での
作品のタイトルです。

蕩蕩も、
滔滔も、
登登も、
すべて、『とうとう』と読みます。

実は「能にして能にあらず」と言われる
『翁』の謡出しに
「とうとうたらり たらりら」という言葉があり、
その言葉の意味は諸説あって、
笛の謡の訛りであるとか、滝の水の音であるとか、
チベット語の祝言であるとか、永遠の擬音語であるとか、
解説され訳されてたりもしていますが、
言葉の響きに心地よさを感じて、
『とうとう』を調べているうちに出会ったのが
この「蕩蕩、滔滔、登登」でした。

広辞苑によると、
『蕩蕩』ー広くおおきなさま、平易なさま、
     水勢の強く激しいさま、
     法度のやぶれすたるさま、
     おだやかなさま、ゆったりしたさま。
『滔滔』ー水の盛んに流れるさま、
     弁舌のよどみないさま、
     広大なさま。
『登登』ーどこまでも高くつづいているさま。
とありました。

もともと今回撮るものたちは決まっていて、
そこにどう名付けようか?と
思っていたところ出会った言葉。
私の内で勝手な想像が
作品のイメージと繋がってしまいました。
写るものたちへの憧れでもあり、
皮肉でもあるような言葉だなと思い、
3つの言葉を並べたのです。
私のイメージですが。

学生の頃はよく英辞書や国語辞書などを
始めから最後まで、本を読むのと同じように読んで、
いろんな言葉に出会っていたのですが、
しばらくそんなこともしていませんでした。
そしてすっかり忘れてしまっています。。。
自分の時間が増えたら、またしたいな。
言葉から色をイメージしたり、
言葉の印象で絵を描いたり、
こんなおもしろい遊び、ないと思うから。

展覧会は今日から始まったばかりですが、
来年はもっといっぱいこうして遊び創りたいと思います☆





[PR]
by juri_ri | 2008-12-08 23:54 | 言の葉

Spiral Life

c0063808_3395960.jpg

      『君のスカした でも ナイーヴな
       気持ち 透けて見える 言葉に酔う
       きっと うかれていた 僕はもう
       君の その言葉に かみつかれ

       遠く見つめていた When you cry?
       控えめな冬の 光眩しく いま

       Non stop 一度だけ言えた Merry X'mas time
       Non stop 今にも覚めそうな Dream All Day』
 
           『Dream All Day (version)』Spiral Life
            /Freaks of GoGo Spectators2 -sell out-



さむーくなると昼でも夜でも
不意に聴きたくなる歌声。
X'masが近づいてまいりました。




[PR]
by juri_ri | 2008-12-01 03:32 | 言の葉

dolphin

c0063808_113211.jpg


        『私はいるか 言葉をしらなくて
         いつも 君を求める
         波打つはるか 楽園の海なら
         君と音を 奏でられるだろう

         私はいるか 言葉をしらなくて
         伝えたい でもうまく話せない 
         波打つはるか 楽園の海なら
         君とずっと繋がれるだろう』


               『dolphin』木村カエラ/Scratch







[PR]
by juri_ri | 2008-11-26 01:11 | 言の葉

何度も聴く。

c0063808_2345586.jpg
節操なく気に入った音楽を聴いているけれど、
再熱。
『love comes and goes』
m-flo loves 日之内エミ & Ryohei & Emyli & YOSHIKA & LISA
もともとm-floは学生の頃から好きだし、
この[loves]シリーズはどれもめちゃくちゃ聴いてたけれど、
シリーズ最後のこの曲は別格かも。笑
5人の透き通る声が甘い。
冷たい夜に聴きたくなる。
  
PVもコミカルでいいけど、
曲だけで聴くのも好きだな♫

あと配信のみで流れる
『1 more night feat. MONKEY MAJIK』
ravex
エイベックスの20周年を記念して結成された
プロデュースチーム。
Mondo Grossoの大沢伸一、
Fantastic Plastic Machineの田中知之、
m-floの☆Taku Takahashiの三人から成る。
これ、初めて聴いてから
しばらく延々リピートだった。笑
MONKEY MAJIKの声のトーンも好きだし、
言葉の雰囲気がちょっと切ない。
全編英語なのであくまでも雰囲気ですが。。。笑

春や秋は昼間聴きたい音が増えて、
夏や冬は夜聴きたい音が増える。
私の勝手な想像だけど
この2曲が今ぴったり。




[PR]
by juri_ri | 2008-11-21 23:57 | 言の葉

ぞくぞく読破!

c0063808_0485986.jpg
最近の私は本を片手に。
といっても児童書ばかりですが☆
なんだか無性に読みたくなって
どんどん読んでいます♫
今だから読み直すのもおもしろかったり、
考えさせられたり。
最初に『嵐が丘』を読んで
よくこんな大人びた恋愛の本を
小学生のときに読んでいたなぁと思い。
『星の王子様』できれいな水を飲んだみたいになり、
『あしながおじさん』で女の子度のテンション上がったり。
そして今、『ゲド戦記』読んでます。
読みだしたら止まらなくなって、
現在3冊目の「さいはての島へ」に入りました。
大人になってから読むと考えさせられた。と
以前お知り合いになった方がおっしゃってて、
今、私が大人なのかどうかは置いといて
その言葉が気になって読みだしたんです。
全部読み終わってないからまだ何とも言えないけれど、
一冊、一冊何か感じるものはあって、
それで読み止まらないのかもしれません。

あと3冊『ゲド戦記』が残ってるけれど、
これが終わったら、
ちゃんと2色刷りになってる
『はてしない物語』を読み直すつもり♫
この本、映画も一番好きかもしれない。
読んでるとほんとに本の中に入っちゃってゆくんだよ!
と、まだまだ児童文学にハマりそうです☆



[PR]
by juri_ri | 2008-10-24 00:48 | 言の葉

ハモリ倶楽部。

c0063808_1958416.jpg
7月28日
友人からのお誘いでハモって参りました♫
『ゴスペラーズ坂2008 ハモリ倶楽部』
生であの歌声聴いてきました♫

当日は激しい雷雨のため
JRに遅れが出て、走って!走って!
会場入りした私たち。
最初の一曲目は途中から参加でしたが、
めちゃくちゃ楽しい、
魅せる、聴かせるライブでした☆

ツアーがまだまだ続いているので
どんな曲をされたのか、とか
どんな演出だったのか、とかは
書き込めないけれど、
初めて参加した私は
リズムに合わせたり、
歌ったり、ハモッたり、
大笑いしたり!
初めてなのに、たっぷり楽しみました♫

友人はかなりマニアックなライブになるかも
しれないから、大丈夫かな?と
思っていたらしいけれど、
ノープロ!ノープロ!笑

しっかりハマりだしてます笑

ライブ中、何度も思ったのは
こんな風に歌えたら気持いいだろうなぁ、
ということ。
人ってすごいなって思う。
5つの声が重なって
ひとつの歌になって
会場のひとたちみんなをゆらしてた。
ゴスペラーズの歌声ってすごい。
ひとの凄さに素直に気づけるって
すごいことだなぁと思う。

5つの重なった声が聴きたくて
ヘッドフォンで
最近じっくりよく聴く。


友人よ、すてきを教えてくれて
ありがと♫
またさそってぇ〜♪




[PR]
by juri_ri | 2008-08-06 21:34 | 言の葉