カテゴリ:未分類( 11 )

イメージの色。

c0063808_18501572.jpg
最近なんだか無償に色を使いたくなって、
しかもいつもなら水彩とかアクリルで
色遊びをするのに
この間、カラーセラピーの先生のところで
色鉛筆を使ったのが心地よくて
ぬりぬり。
なんだか赤い○と青い□が描きたかった。
使ってるCARAN D'ACHEのPABLOは
油性なので通常の色鉛筆や水性のものより
色が濃くはっきりしていて
スルスルと描けるのが好き。

以前友人と『あ・い・う・え・お』にも
ひとつひとつイメージの色があるよね。という
話をしていて、
カラーセラピーの先生のところで
知り合った精神保健福祉士さんに
その話をしたら
とても興味を持ってくださってた。
同じように数字や形にも
そんなイメージの色を
私は思い描いてしまう。
○は赤だった。
□は青だった。
△は気分によって緑か黄色に分かれそう。

青をぬってる途中で
旦那さんが帰宅したので
翌日ぬり終える。
緑でも黄色の気分でも
△の気分でもなかったので
とりあえず二枚で終了。

次は透明水彩が使いたくなってきた。。。
不透明の次は透明。
バランスを知らず知らずのうちに
取っているのかな?

やっぱり、
心は不思議。




[PR]
by juri_ri | 2008-07-01 18:47

雫の粒。

c0063808_17515897.jpg
それは突然のプレゼントでした!
以前に紹介させてもらった、
ビーズアクセサリーデザイナーの友人から
ものすごく、すてきなものが!
とてもきれいな石のピアス♫
「いつもありがとうね」というメッセージとともに。
いや、私、特に何もしてませんよ!
本やHPのことをこのblogで
書かせてもらっただけなので
そんなすごい反響があったわけでもないと
思うのですが。。。
なのに申し訳ない!
ほんと、こんなきれいなプレゼント
ありがとう!

半透明な雫の粒。
私もこんな風になれたらいいなぁ。
石をホワイトセージで清めてくれる
メンテナンスまでしてくれているので、
私も大事にさせてもらいます!
お家にいる石と同じところに
置かせてもらお。

フリーランスでビーズのお仕事をしているので、
きっとすごい忙しい人なのに、
こんな心遣いができるって
すごいなぁと思います。
HPもちょくちょく覗いていると
新しい作品がぽこぽこっと増えているので
その作品の雰囲気から
充実した生活を送っているんだろうなと
思っています。
彼女らしさをふまえて
どんどんクオリティーが高くなっていくのは
充実していないと表れないと思うので。
もう一度ここでHPのご紹介を。

『fumi*tsuki』

天然石やチェコビーズなどを
使用したアクセサリーがお好きな方、
どうぞ一度訪れてみてください。
華やかな気分になれるので☆

[PR]
by juri_ri | 2007-06-08 23:38

宝石。

c0063808_21493756.jpg
大げさな言い方をしたけれど,
ほんとに大好きな葡萄。
今の時期にはたくさんの種類がお店に並んでいる。
ちいさなデラウェアなどは
こうしてまとめて皮を除き,
冷凍してシャーベットのようにして食べてしまう。
大きな巨峰やアレキサンドリアも
大好きで,
以前友人から誕生日プレゼントに詰め合わせなるものを
頂いたこともあったなあ。

旬のものをその時期そのときに
いただくって,
とても贅沢なことだと思います。
年中食べれるようになっているものも
有るから,確かに豊かにはなっているんだと
思うけれど,
季節をより感じたり,
その年そのときの天候を感じたりできるのは
旬のものなのかな,と思う。

そういうことにも鈍くはなりたくないな。




[PR]
by juri_ri | 2006-07-07 15:44

ついに。

c0063808_2225795.jpg
我が家にエスプレッソマシーンが到着しました。
実は雑誌の中で
モニターキャンペーンをしていたのを
旦那さんが見つけて応募。
マシーンと一緒に多量のコーヒーカプセルを購入することが条件なのですが,
どうせ飲むんだし,それを購入すれば
マシーンがついてくるようなものなので
いいんじゃない?となったのです。

もともとコーヒーは苦手だった私。
大学時代に友人においしいコーヒーをいれてもらってから
ようやく飲めるようになった。
そして,ここ最近またしばらく飲んでいなかった。
体調がうまく合っていなかったのか,
コーヒーを口にすると
ドキドキ,クラクラ。。。
車に酔ったみたいになってた。
だから,あえて避けていたんだけれど,
先日,おいしい!と感じるカフェオレに遭遇。
大丈夫だった。
今日はお家にいるし,
せっかく来たエスプッレッソマシーン
飲まないわけにはいかない。
カフェオレは大丈夫なのかな?
おいしく頂けました。

これからの朝,重宝しそう。
おいしいと感じるのじゃないとダメだなんて
いつの間に私の体は鋭くなっているのだろう???




[PR]
by juri_ri | 2006-07-01 23:55

晩ご飯 2

c0063808_18434257.jpg


ちょっと写真がピンぼけです。。。
カルボナーラ。
これも作ってもらいました。
これで週末の晩ご飯は彼の手料理三昧。

おつかれさまでした。
また,時々よろしくね。

さあ,今日の晩ご飯の準備をしよう。

[PR]
by juri_ri | 2006-06-26 17:22

晩ご飯 1

c0063808_18445070.jpg
あんまりものが何なのかわかりませんね。。。
実は琵琶湖で獲れた小鮎です。
フッリターにしてあります。
調理する前のお魚の写真も撮っていたのですが,
なんだか怖くなってアップするのをやめてしまいました。。。
私,お魚の顔,ちょっと怖いんです。。。
じっと見てられないんです。
生きているときはいいんです。
泳いでいる様を見ているのは大好き。
水の中で,なんて気持ち良さげにさやさやと泳ぐんだろう。と
見惚れてしまうのですが。

お魚写真は旦那様のblogに掲載されるかも,です。
なぜなら,この小鮎,
私が学会に行っている間に,旦那様の会社の上司の方が
わざわざ届けてくださったもの。
とっても綺麗な色をした小鮎でした。

そして,実は
これらを見事に調理し,
おいしいフリッターにしてくれたのは旦那様。

お魚料理,苦手じゃないですよ。
丸アジを三枚におろして,梅シソ揚げとかできます!
(必死の弁明。。。)
旦那様にフリッター作りのやる気が
満ちあふれていたので,お願いしました。
結婚する前にも,何度かフレンチを食べさせてもらってます。
美味しいもの好きなだけに,作ってくれる料理は美味しい。
舌のセンスなんでしょうね。




[PR]
by juri_ri | 2006-06-26 17:21

色のなかに。

c0063808_18554075.jpg

さんざん悩んだあげく、
晴れているのは今日までかも…という予報に動かされ、
神戸大丸でしている
「ロバート・キャパ写真展 CAPA IN COLOR」にむかった。
50~60年前の写真とはとても思えないような鮮やかな青空を背に、
映り込む人々。
空気が違うのだろうか?
私がアメリカで写真を撮ったときもそうだった。
空気が違う。と感じる。
もちろんキャパと同じとはとてもじゃないけれど言えない。
時代も場所も気持ちも全く違う。
以前にも書き込んだかもしれないけれど、
私にとっての写真は欲張りだ。
大切な人、大切なもの、ずっと見ていたい一瞬、
逃したくない表情、心から美しいと思える一瞬。
目の前にする素敵に揺り動かされて私はシャッターを押す。
報道カメラマンとして戦場に赴いていたキャパとは意識が全く違うだろう。
カラー写真の作品展示の最後には、
彼が地雷を踏み亡くなる直前の写真があった。
最期にみた視線の先に、何を感じ見たんだろう。

いつもなら実際の作品と色が違う図録は買わないことにしている。
後で見返したときに、違和感を感じるから。
でも今回の作品の印象を思い起こせる手がかりに、と購入した。
ちょうど、人が青空の青色を調節して見るように。

どこまでも限りなく透き通って誰の上にも広がる青空。
宇宙がこのもっと奥にあるんだ、と思える。
そんな空を私はこれからも撮って行きたいと思う。

[PR]
by juri_ri | 2006-06-08 11:49

夕焼け。

c0063808_1819842.jpg

晩ご飯の準備をしていたら、ミカちゃんからメールがきた。
「空見える?
 きれいな色だよ。」
少し前に、きれいだなぁと思って写真を撮っちゃってたよ。
京都にいる彼女と同じように見えてる空。
繋がってるなぁ。
こんな空の話を、先日もカラーセラピーで知り合った方とも話してた。
空、きれいだなぁ。

[PR]
by juri_ri | 2006-05-30 19:33

夙川。



c0063808_18201242.jpg

[PR]
by juri_ri | 2006-05-30 00:14

TO 香川 3 東山魁夷せとうち美術館

c0063808_2139136.jpg
c0063808_213941100.jpg
設計・谷口吉生さん。
瀬戸大橋がすぐ見える、
海に面した美術館。
その空間はとても静かな佇まいでした。




[PR]
by juri_ri | 2005-09-24 02:09