2009年 05月 18日 ( 1 )

みえないかたち

c0063808_1482141.jpg
c0063808_1410263.jpg
立て続けに出てる感じ、この2冊。
左:『みえないかたち』吉岡徳仁 著
右:『Pen '09年 5/15号 吉岡徳仁とは、誰だ?』
以前から好きなクリエーター。
吉岡徳仁さん
私も好きだけれど、旦那さんがものすごい好きかも笑
この2冊も旦那さんが購入してきてくれたもの。
近々、東京国立博物館で行われている特別展
『Story of…』カルティエクリエイション~めぐり逢う美の記憶

観に行くのでとてもいいタイミング。
吉岡徳仁さん監修のこの展覧会がかなり話題になっているから
雑誌にもとりあげられているんだと思うけれど、
どちらを読んでも見ても、
やっぱり作られているもの、作られている空間は
とてもきれいだ。
実は行く!行く!と言っておきながら行けなかった
吉岡徳仁さんディレクションの展覧会『Second Nature』のこともあったので、
『Story of…』は絶対外せません!
吉岡さんが作り出した空間に私はとっても入ってみたいんです。

何年か前に旦那さんに教えてもらって観た
六本木けやき坂通りにあるストリートファニチャーの
「雨に消える椅子」を見たときに
私はものすごい興味を持って行かれました笑
ガラス製で、壁を流れる水のような波のある透明な椅子は
確かに雨が降るとその輪郭を消してしまいそう。
MoMAコレクションになっている
「ToFU」や「Tear Drop」の灯りは
ほんまにいつか買いたい!し、
「ミラノ・サローネ」や「デザイン・マイアミ」で
作り出された空間インスタレーションは
写真を見るだけでもわくわくする空間で、
様々な素材から考えられて創られる椅子も
毎回驚かされ、キャー☆ってなります。

『みえないかたち』は執筆されたもの、というよりは
なんだか心の中のつぶやきを聞いているような本。
目の前でゆっくりお話を聞いてるみたいな感覚になります。
そうそう!って同じように思ってることがあって
なんだかよけい嬉しくなりました。
読み終わって思ったのは
濁ってない人だなぁと思ったこと。
「透明」とかそういう言葉じゃなくて
「濁ってない」感じ。
言葉にすると難しいですね。笑

テレビなどでも大きく取り上げられていたので
展覧会『story of…』はきっとたくさんの人だろうけど、
ほんと楽しみになってきました♪
早く行きたい!
あの空間に足を踏み入れたいのです♪



[PR]
by juri_ri | 2009-05-18 14:07 | アートなご案内