2007年 02月 06日 ( 1 )

エコバッグ。

c0063808_2111998.jpg
先日、体調が悪かったため、お昼ご飯用に旦那さんに
モスバーガーを買ってきてもらう。
以前に持ち帰り用の袋がビニールから
紙袋に変わったのは知っていたけれど、
進化してた!

前は普通の紙バッグだったのに、
口の部分がくるくるっと折れて蓋ができるようになってる!
かわいい〜!
冷めないようにとか、匂いが広がらないようにとかからきた
工夫なのかな?
それにしても、エコに繋がるバッグは
今たくさん売られてますね。
デザイン性の高い高価なものから、
¥100で売り出されているものまで。
それように売り出されているのも
不思議な感じがするけれど、
ステイタスも感じられないといけないと
ゆうことでしょうか?
c0063808_2115585.jpg

私も使っていることは使っています。
プリントはお手製です。
よく行く食料品店は持って行かないと
¥5でビニール袋を購入するところなので、
大きいのと、小さいのと何枚か作って
使用しています。

最近はアル・ゴアさんが来日して
地球温暖化について
知らなかった真実は多すぎるんだな、と
思って、ものすっごい小さいことでも
していかなきゃ、と考えました。
乗せられてる、と思えるかもしれないけれど、
それでもいいきっかけになるのなら
のせられます。持続する気持ちを持って。

以前、このblogにも載せた
鯉や金魚が泳ぐちいさな人口の川には
魚がいない、浅い川も部分部分にあって、
そこにはたくさんの藻が生えています。
お昼の日差しが一番強いときに通ると
そこの藻にはちいさな空気のつぶつぶが
いっぱいできていて、
「あっ!光合成してる!」と思うと
なんだか嬉しくなります。
c0063808_2124649.jpg

川底の白っぽくなっているのが
全部空気のつぶつぶです。
酸素って、ほんとにこうやって産み出されてるんだ。
地上の植物からその瞬間をうかがうことは
目に見えてできないけれど、
水の中の植物からはできるんだ。
と、当たり前のことを当たり前に
感じて、近頃はよく見に行っています。



[PR]
by juri_ri | 2007-02-06 13:53 | heal