秋そら。

c0063808_20521283.jpg
京都にいた頃から
いつも不思議に思うのは
送り火を過ぎた瞬間から
もう秋が始まっちゃうこと。

朝夜が涼しくなるだけじゃなくて
そらも少し高くて、
雲の流れが地球を包んでるみたい。

送り火が点り始めると
「夏ももう終わりやなぁ」と思い、
火が小さくなりだすと
「もう秋やなぁ」となる。

たった20分ほどの時間で
わたしの季節はうつりゆく。

神戸にいたら
いつのまにか秋がきちゃってた。。。
ノースリーブが肌寒い。

季節を行事で感じる
京都人が肌にしみついてます。嬉々



[PR]
by juri_ri | 2008-08-19 20:51 | ひとり言
<< ぽんカレー。 水玉♫ >>