田舎氷まで。

c0063808_2237435.jpg
京都で有名なかき氷屋さんもありますが、
私は断然ここのかき氷が毎年食べたくなります。
文の助茶屋本店『田舎氷』
八坂の塔まで行かないといけないので
京都に帰ってもなかなか行けないのですが、
祇園祭ついでに
今年初めてのゆかたを着て
両親とともに行って参りました。
やっぱり本店で食べるのが
情緒あって気分的にもうれしい。

たっぷりかかったきなこシロップに
きなこアイス。
白玉はもちろん、
かき氷の下には
ニッキの効いたわらび餅が冷え冷えで入ってます。
学生の頃から食べてるからか、
なんかほっとする味。
この夏中にもう一回は食べにきたいな
c0063808_22424455.jpg
仕事先のバイトくんは京都にも
「さるぼぼ」がいると思ったそうです。
ちがいます。
「くくり猿」と言います。
八坂庚申堂さんのお守り。
お猿さんが手足をくくられて動けない状態を
表しているのですが、
同時に、人間の中の欲望をくくってる様も
表しています。
欲望のコントロールのお守りですね。
八坂界隈の軒先には
たいがい下がってはるので
これを観ると
「あぁ〜八坂にいるなぁ」と感じます。
c0063808_2247276.jpg
祇園祭に雨はつきもので
毎年通り雨に降られるのですが
↑しかもかなりの豪雨、雷さん!
今年初めてのゆかたは、
先日購入した萩の半幅帯を
角出し風に結んでいきました。
『着物一枚に帯三本』と言いますが、
今年はほんとにそんな風に楽しめそうです♫
まぁゆかたも6枚持っているので
いろいろ遊べるのですが。
母には
「そんなようけ持ってどうすんの?!」と
言われていますが、
夏着としてふらっと出かけるのに
大活躍です☆

毎年やっぱり新しい柄が欲しくなるので
まだまだ探し中。
古典柄や
大輪の花柄を探しています。笑







[PR]
by juri_ri | 2008-07-14 22:36 | heal
<< 祇園祭でアート 1 出会い。 >>