この季節になると。

芦屋に越してきてから3度目の春。
この季節になると各ご家庭から同じ匂いが漂う。
『いかなごのくぎ煮』
昨年から私もチャレンジしている。
近くのコープではお昼過ぎに漁港からあがったばかりの
生新子(新子が魚のなまえ?!かな、まだよくわかってない笑)が
届いて1kg単位で売られる。
c0063808_1516483.jpg
今年は2kg買いました!
その近くにはお醤油、みりん、ザラメ、
水飴、いかなご用タッパまでまとめてコーナーが作られてる。笑

昨年はわりと小ぶりだったのと、
初チャレンジでお箸でかき混ぜてしまい、
細か〜い『いかなごのくぎ煮』に
なってしまったけれど、
今年は新子自体が少し大きめ。
お箸を一切使わずに
コトコト煮ること2時間ほど。
水飴を使うともっと一匹一匹が
ぱらぱらと固くなるんだろうけど、
市販の水飴に惹かれず、ハチミツにて照りを出す。
c0063808_15163260.jpg
あんなに針生姜いっぱい入れたのに、そんなに生姜味じゃない。
各家庭の味があるそうです。
まだ完成形じゃないけれど、
美味しく炊けたので良しとする。
これから旦那さんのお弁当や
私のおにぎりの具として重宝☆
飽きない味なのでうれしい。

兵庫県の方はたいがい毎年作られるそう。
そして、ご親戚やお友達に配られるんだとか。
某宅急便で『いかなご便』というのがあって、
タッパごと配達してくるみたい。
すごいな〜兵庫!
今日はバイト先にいかなごを届けにこられた方も
いらっしゃいました。
私と同じように他府県から兵庫県に
移り住んでいる社員さんと、
「こんなん(風習)ないよな〜。」と意見交換。
いや、ほんとびっくりです。

来年は旦那さんのお母さんの味に
もう少し近づけれるように
もっと生姜用意しよ☆


[PR]
by juri_ri | 2008-03-14 20:44 | 美食倶楽部
<< 今年も。1 SUPER GT! >>