1.JUL.2007。

仕事を少し早めに上がらせてもらい、
旦那さんと待ち合わせ。
大丸の靴売り場はものすごい人ごみで
ちょっと迷子になる。
とにかくお腹が減っていて、
先にずっと行きたかった洋食屋さんへ。
『グリル一平』
目玉焼きハンバーグ、めちゃ美味しかった。
熱々の鉄板の上でソースと肉汁が
何とも言えません。笑。
こういう洋食に弱いです。笑。
次はマカロニ食べよう!
c0063808_1144553.jpg
そして、久しぶりに
グレゴリーコレさんへ。
入ってみると『アプソリュ』が残り2個。
急いで注文。
この照りっとしたチョコに
中のシャリシャリがものすごく好き。
何がシャリシャリしてるのか、未だにわかりません。
もう何度も食べてるのに。。。
ゆっくりとお茶をして
ジュンク堂へ。
私を待つ間、一時間ほど旦那さんは
きていたらしいけど、
それでもまだまだ居れるよう。
旦那さんの建築コーナーを一通り見た後、
一つ降りて私の美術コーナーへ。笑。誕生日も間近なので
自分に何か購入しようと思って探してみた。
奈良さんの画集もほしいし、
蜷川さんの写真集もほしい、
岡本さんの文庫も全部そろえたいし、
色の本もほしいし、
模様の本もほしい。
デザイン系の雑誌のバックナンバーもいいなぁ。
自分の気持を豊かにしたいと思うので
愛でれるのにしようと思っていたけれど、
久しぶりに観た『Prints21』
c0063808_11444570.jpg

特集は蜷川実花さん。
版画学生だった頃はよく買っていた雑誌。
そうです。
写真もprintsの一種です。
学生のとき、写真はprintsかprintsじゃないか?!
なんて話もよく先生と熱く話したこともあったけれど、
今はアートという大きなひとくくりで
全てがくくられているような気がして、
自由でいい感じ。
境目なんてどこにでもなくていいのに
と思う今日この頃。
無責任かな?

蜷川さんはほんと最近
観てみたいな。と思いだした人。
昔から何度もチラ観してたけど、
あんまり興味なかった。
これ(Prints21)を買ってみたのは、
今までの展覧会の様子や、
どんな写真集が出てて、
どんな雑誌の写真を撮ってたかの
バイオグラフィが載ってたから。
これを機にちょっと
写真集を観てみようと思う。
うん、受け入れるものが増えるのは好い事だと思う。

私の撮る写真は写真のようで、
写真じゃないなぁと思っていた。
記憶の断片を思い出すための
ひとつの手がかり。だと思っていた。
最近はそれが写真でもいいんだと
想いだしてきた。
まだうまく言葉にできないけれど、
これからも撮りたいなぁと
ほんとに想いだしてきた。
また、カメラを放せない日々が
来そうだな。

う〜ん、好い時間過ごした日。

[PR]
by juri_ri | 2007-07-01 23:48 | 美食倶楽部
<< 2.JUL.2007。 I am waiting fo... >>