穏やかな。

c0063808_16591218.jpg
c0063808_16592736.jpg
c0063808_16594134.jpg
小さい頃からよく観ている景色。
滋賀にある田舎に行く。
田植えも終わり、稲の成長がうかがえる。
おじいちゃんが居た頃は
本当に毎年、親戚一同が集まり、
田植えのお手伝いをしていた。
夏は野菜や果物の収穫に追われ。
秋には稲刈り。
集まる度におばあちゃんが
お手製のちらし寿司やお稲荷さんを
お昼に作ってくれて、
夜はおじいちゃん特製のすき焼きを食べた。
私が小学生のときの話。
今は私の両親が
家を継いでいるけれど、
田んぼも畑もしていない。
週に何度か足を運んで
家の様子を見、手入れをして帰る。
毎回行く度に犬の散歩をしながら、
小さい頃はもっと距離があったように
思える道も、実は目に見える範囲で、
不思議な感じがする。

少しづつ田んぼや畑が
誰かの家に変わってしまったりしているけれど、
一面に広がる稲の緑をみると
季節をとても感じる。
優雅に野生の鴨が降り立って、
田んぼの中で食事をして、
あぜ道で一休みしてる。
白鷺やゴイサギが低く飛び、
鳶が鳴きながら地を見下ろしてる。

そんな様子を観ながら
私はかわいい犬をあやし、
一緒に景色を観たりする。
穏やかだなぁ。
車の走る音もほぼない。
風が吹く音や
鳥や虫の鳴く音だけが聞こえる。
草木や土の匂いがして
自分も何かの一部になってるみたい。

また、行こう。
そういえば、トトロがいそうだな。笑。

[PR]
by juri_ri | 2007-06-28 23:11 | heal
<< どしゃ降り。 おおきなおおきな。 >>