ホット読書。

c0063808_2058199.jpg

今日の芦屋はずっと霧が出ていて、
見る景色はすべてぼやっとしています。
暖かい日々が続いているとはいえ、
冷え性の私には重ね着と厚手の靴下が手放せません。
最近、ちょこちょこ外に出ているけれど、
本が読みたくなって、毎日何かを読んでいます。
もう何回も読み直したことのある本や、
旦那さんが持っている本など。
雑読です。
じっと読んでいるとよけい冷えてしまうので、
ホットドリンクを片手に読んでいますが、
昨日から、コレいいわ〜と思うのは、
梅酒のお湯割り。
呑んベェではありません。
むしろ弱い方。
顔はすぐに真っ赤になるので。
なので、梅酒の梅だけ取って
そこにお湯を注いで飲んでいます。
お白湯の梅酒フレーバーみたいなもの。
ほんのり、ぽかぽか。
そんなので本読んで大丈夫か?
と自分でも思っていたけれど、
わりといろんなことを考えながら
感じながら読めたりするので、
いい感じです。
家にいる一人の時間も
じっくりと大切にしようと思います。

ちなみに読んでいたのは、
深沢直人さん著 『デザインの輪郭』
旦那さんの本です。
欲しいな〜と思ってたら、持ってた!という本。
やっと読んだ。。。
家の中にふと、この方がデザインされたものがあると
嬉しくなるな。と思う。±0の製品は好きです。
「うん。うん。」ってうなずけたり、
「あぁ、そうか。」と思わせられたり、
もの作りをしてる人には
いろんな意味でいいかも。
デザイン的な人も、造形的な人も、両方な人も
よければ、どうぞ。


[PR]
by juri_ri | 2007-02-09 19:25 | アートなご案内
<< 三十三間堂。 お雛さん。 >>