射法八節。

c0063808_2161071.jpg

11.Oct.2006
待ちに待った『弓道教室』の日。
市立体育館の上に弓道場があります。
矢道とあずちは一応屋外になっていて、
朝がた降った雨の後がほんのりと残っていた。
『前ボタンじゃない服と正座をしやすいズボンと足袋を
持ってきてください。』
と言われ、用意し、
手続きを済ますと頂いたのが、これ。

弓道教室テキスト。
専門用語や礼儀作法がたくさんあるので
それらをまとめてあるもの。
実は私が弓道に興味を持ったのは漫画から。
人間ってすごいなぁ。生きているってすごいなぁ。という
物語に出てくるのです。
そして、そこに描かれていることが忠実なものであることが、
今回のこのテキストや先生がたのお話で証明されました。
弓道用語や射を行う態度など、
様々なことが細かく記されていて、読みふけりそう。
5分休憩を挟みながらも、
今回は基本姿勢と動作の様式を教えていただきました。
全10回もあるので、とても丁寧!
しかも本格的!
教室というより、きちんとした道場という感じ。
頼もしい!
射れるようになれば、個人で登録して
射ることもできるようになるそう。
うれしいな。
『射法八節』とは射位に立ってから射を射り終わるまでの
一連の姿勢と動作の流れ。
まず最初に先生方5人が
なんともきれいな流れ、動きで射を射るのを見せていただき、
私たちも、実際に弓を手に何度も練習しました。。。
さすがに矢はまだ持たせては頂けません。
しかも、姿勢・動作の事に気をとられて
精神はいっぱいいっぱいです。。。
これらがさらりと優雅に舞うようにできるようになれたら、
そこからがやっと弓道の本番なのかもしれない。
まずは一回目。
気合いを込めて、これから毎週がんばりたい。

そして、習い事がまたひとつ。
来週から着物の着付けも始まります。
『和』ですね〜。




[PR]
by juri_ri | 2006-10-13 00:49 | heal
<< 会う。 見上げる。 >>