AtoZで 1。


c0063808_1982545.jpg

8.Sep.2006

青森県立美術館でも堪能しましたが、
弘前で、もっと体感してきたのは
『YOSHITOMO NARA+graf AtoZ』
酒造の倉庫がwonderlandになってました。
街全体でこの『AtoZ』を盛り上げていて、
至る所にAの形の立て看板&地図が!
私たちは乗らなかったけれど、
青森県立美術館とリンクしているバスは
もちろん奈良さんのイラストが描かれたもの。
かわいい。。。

広い倉庫の中はたくさんの小屋。
地図を片手に、AからZまでの26個の小屋を歩きます。
『S.M.L』展で3個の部屋を作ってから、
これがAからZまであったら、おもしろいよね〜
という、泥酔状況+妄想の世界から作り出されたとあって
かなりのwonderland!
たくさんの作品を見ることができて、感激☆
ここずっとあればいいのに。。。と思っているのは
私だけではないはず。
ほかにもヤノベケンジさんや川内輪子さんの部屋があり
なんだかお得感漂います。

不思議とかわいいなぁぐらいにしか思っていなかったのに、
本物の大きな絵を見たとき、
描かれた女の子の目に吸い込まれそうになってから
なんだかとても好き。
今回もしっかりと女の子の目に捕われてきた。
ポストカードや本には現れない
たくさんのいろが本物の内にあって、
私はそこに心を奪われます。
一緒にみていた旦那さんには申し訳ないぐらい
時間をかけてしまった。
もちろん、旦那さんも楽しみしてきているけれど、
私のかける時間がゆっくりでした。。。

homeCAFEでランチをして、
ショップで、あれも!これも!欲しい〜!となりながら
旦那さんと相談して、
レジに並ぶも、
探していた本を見つけ足したりして。。。
ほんとによかった!
会場で申し込むと奈良さんのサインが入るとあった
今回のカタログを旦那さんが申し込んでくれたので、
今から届くのが楽しみ。

あぁもう一回
本物を見たい!


[PR]
by juri_ri | 2006-09-10 15:42 | アートなご案内
<< AtoZで 2。 山内丸山遺跡。 >>