虎屋菓寮

「虎屋に行きたい!」と言った旦那さん。
少し前に京都の『虎屋』さんの建物が新しくなり、
建築家・内藤 廣さんが手がけられたということを知っていました。
この方、東京ミッドタウンや御殿場の『虎屋』さんも手がけられた方。
ミッドタウンには出来上がってすぐぐらいに行っています笑
二人が共通して見ているURLにこのtopicが紹介されており、
旦那さんも時同じくして見ていた模様。
ということで、またまた京都♪

ランチを「新風館」にある『Cafe Salon』 さんへ。
このblogにも何度か登場している歌をうたっているみかちゃん
が、バイトしています♪
行けるかどうかわからなかったので連絡なしでしたが
会えて、ご飯食べれて満足◎
その足でそのまま烏丸一条通にある『虎屋』さんへ行ってまいりました。
確かに!烏丸に面してるお店もきれいになっていて、
c0063808_221622.jpg

一条通にとってもすてきな『虎屋菓寮』が!
自転車がたくさん停まっていたので上半分で撮りましたが、
c0063808_2235425.jpg
通りに面してる表側もこんな風に素敵な平安家屋のような簀子があり
夏場も心地よく過ごせそうでした◎
中に入るとやわらかに弧を描く木の天井に
光がふわりと灯って、きゃー♪
この日は風も冷たく、よく吹いていたので
こちらではあたたかいお汁粉をいただきました〜☆
旦那さんはつぶ餡の小倉汁粉、
私は白小豆を使った白小倉汁粉。
白小倉は甘さがさっぱりとしていて、かなり好きなお味でした。
テーブルからお蔵やお社のある庭が見え、
京都に関する本や日本画の画集などが自由に閲覧できるようになっていて
ゆっくり、まったり時間を過ごすのにとてもいい空間でした。
そんな風に過ごしたくて来られてるお客様もちらほら。
私たちが少しゆっくりしている間に
空いていたテーブルはほとんど埋まり、
人気がある様子が伺えました。

今回行くことになって改めて知ったのは
『虎屋』さんの発祥の地が京都だということ。
1500年代後期に誕生し、明治維新後に東京へ拠点を移されたそう。
確かに烏丸一条にむか〜しからあるお店ですが、
『虎屋』の羊羹は東京のお土産だと思っていました。。。

お土産に一口タイプの小形羊羹を購入したのですが、
もともとある5種類に加え、
京都限定で白味噌と黒豆黄粉も購入。
その他にも棹状のお菓子や可愛い型のお干菓子があり、
ウキウキしました♪

ここまでなかなか来ることはないけれど、
『虎屋』さん目当てに来たいな〜と思いました。
建物にも和菓子にも大満足◎


[PR]
by juri_ri | 2009-12-13 21:20 | 美食倶楽部
<< お誕生日とおねだりワンコ。 最近のSWEETS1 >>