バラと夢の人。

休日出勤が続く旦那さん、
お昼ご飯は一緒に食べよ!と
ランチ時に旦那さんの会社近くへ。
ちょっと歩いて靭公園付近のパスタ&ピッツァ屋さんへ。
コの字型のお店の中には小さ目だけれど、石釜があって、
カリもっちりなピッツァがとっても美味しかったです◎
旦那さんはそのまま会社へ戻り、
私は靭公園で満開に近いバラを撮りに行ってきました♪
c0063808_1983865.jpg
c0063808_1985844.jpg
府花ではないようですが、
中之島や靭公園にはたくさんの品種のバラが咲いていて
思わず観てしまいます。
特定の人の名前がついていたりするから
観ていて、イメージが膨らみます◎

休日出勤の一緒ランチは何度かしているので
その後、私はいつもふらりと歩いて梅田まで戻るのですが、
今日はたまたま歩いていくと偶然『国立国際美術館』の前へ。
c0063808_19203675.jpg
この道、こんなところに続いてたのか…と思いながら、
コレは、観なさい!ということかな?!と思い、
インフォメーションへ。
実は、ランチをしながら旦那さんに
国立国際美術館で今してるコレクション展に
ゲルハルト・リヒターの作品展示してないかな〜?
電話して聞いてみようかな〜?と
言っていたのです笑
確か、一枚大きな作品を持っているはず!
リヒターはこの間私の夢に出てきたアーティスト。

カウンターにいらっしゃる方に
「コレクション展にはゲルハルト・リヒターの作品は
 展示されていますか?」と聞くと
さすが学芸員さん、「リヒターですか?展示してありますよ!」
とのこと。
これは、もう観ないと!と思い、
カンディンスキーやピカソ、デュシャン、
クリスト、ホックニー、キーファー、マン・レイ、などなど
美術館に収蔵されてる作品はどれも魅力的な作品で
いっぱいですが、もう何度も観ているのもあって、
リヒターだけ、がっちり観てきました。笑
たぶん、室内にいらっしゃった学芸員の方々はびっくりされてたかも。
観に来てる人が休日にも関わらずとっても少なくって、
カツカツ足音を鳴らしながら、
5部屋あるギャラリーをリヒター探して必死だったので笑

「Abstract painting(648-1)」という絵。
かなり色数の多い、しっかりとした強い作品なので
私の今の気持ちとはちょっと違うけれど、
ただただ色の中に飲み込まれるように観てきました。
観ている真横にキーファーの「星空」があって
地に足着いてない心持ちになったけれど、
そちらはちらっとだけみて、リヒターでいっぱいになって
帰ってきました。
ほんま、いいタイミングで展覧会やってて、
いい具合にその道を歩いてきたな〜。

もう少し寒くなってきたらキーファーの「星空」観に
行って来ようかな。笑
コレクション展は12月13日までされていて、
何度でも観に行けるような身近な展覧会です◎


[PR]
by juri_ri | 2009-10-17 18:57 | アートなご案内
<< そら写真。 夢の話。 >>