今回のお泊まりは。

今回、旦那さんがホテルを選んでくれました。
良いホテルに泊まるのも建築家として勉強のうち。
というのが、旦那さんの言葉です。
ホテルを設計することもあるので、
前から部屋を採寸し平面図を描き込んではります。
もう結構溜まってきた気もする笑

一泊目『三井ガーデンホテル銀座プレミアム』
ここにお泊まりするの二回目です。
タワーホテルということもあって、16階にロビーがあり、
広く、ゆったりとソファーやインテリアが置かれ、
夜には光輝く東京タワーがとても近くに見えます。
ロビーデザインは、イタリア気鋭のデザイナー、ピエロ・リッソーニ氏。
さすがに写真を撮るのはちょっと恥ずかしいので無しです笑
私たちの部屋の窓からは銀座の街並がよく見えました◎
快眠にこだわったベッドは全米ホテルベッドシェアNo.1の
「Serta」を全室導入。
私は久しぶりに夢も見ないほどの熟睡です笑

二泊目は『ペニンシュラ東京』
c0063808_1644418.jpg
窓からは皇居が見え、奥には武道館の六角屋根が見えます。
ビルの隙間には東京ドームまでみえました!
54平米もある広ーい部屋はトチの一枚板の引き戸で廊下と区切られ、
よりゆったりとした空間になります。
c0063808_16165821.jpg
テレビ横の収納にはLAVAZZA のエスプレッソマシーンが入っていて
びっくりもし、うれしかったです♪
c0063808_16244999.jpg
スギの網代(あじろ)天井も間接照明と相まってとてもきれい。
型押しクロスを使ってる料亭などが多い中、
本物はやはりとても美しいです◎
c0063808_1630731.jpg
廊下にはここが?!というぐらいの広さのラゲッジルームがあり、
チェックイン前に預けた私たちのちいさなラゲッジが置かれていました笑
部屋の両サイドにハンギングバーがあり、
メイクができる卓上にはライトで縁取られた鏡までセットされてます!
c0063808_16383496.jpg
ラゲッジルームの反対側には大理石のバスルーム。
両サイドに洗面があり、シャワーブースが角にあります。
海外資本のホテルなので外国の方が利用されることも多いんだろうな、と
この造りをみて思いました。
長期滞在できるようになってる、と旦那さんと言い、
やっぱり二泊すればよかったね、となりました。
旦那さんはそのつもりだったんですが、さすがに私が止めたんです笑
内装を手がけたのは橋本夕紀夫氏
c0063808_1741985.jpg
翌朝の朝食はルームサービスでいただきました♪
24時間、軽食・洋食・和食・sweetsが注文できるサービス。
運んでいただいたスタッフに聞くと、
やはりルームサービスで食事をされる方が多いとのこと。
窓際で食事ができるようにテーブルがセッティングされてるのも
そのことを考えてだとか。
一番に赤いバラ一輪をテーブルに置かれたのが印象的。
メニューはまずフレッシュジュースを選ぶことから始まり、
卵料理かフレンチトーストか選べます。
卵料理は調理も幅が広く、
付け合わせはハムかベーコンかソーセージかを選びます。
ソーセージはポークか仔牛かまで選べました!
私たちはパンにクロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュ、マフィンの
ベーカリーバスケットを選びましたが、トーストも選べます。
珈琲、紅茶もたくさんの種類から選べ、
ノンカフェインや添えるものに豆乳まで選択できました◎
ケチャップやジャム、はちみつなどはウィルキンソンのもの。
前日の夜3時までにメニューを選んで
ドアノブに掛けておくのですが、メニュー選び楽しかった♪
アーユルヴェーダを取り入れたスパにも力を入れてらっしゃるようで、
ヘルシー志向なスパブレックファストも用意されてました。

旦那さんは会社で会議があったので、少し早めに出ましたが、
私は少しゆっくり。
朝10:30に地下にあるブティックがオープンすると聞いたので
それと同時にチェックアウトしました。
何を買いに行ったのかはまたのちほど笑

旦那さんが東京の定宿にできたら良いね〜♪と言っていたのですが、
きっと次来るときはまた違う泊まったことのないホテルを
視察したくなるんだと思います。

いいとろこ選んでくれてありがとう◎

[PR]
by juri_ri | 2009-10-04 15:26 | heal
<< 伊藤公象-秩序とカオス- 赤レンガから学生の街。 >>