京羅文。 oishii

c0063808_13572048.jpg
先日友人と会ったときに
いただいたお菓子。
京都一乗寺『古勝院nobuaki』の「京羅文」
初めましてのお菓子です。

箱を開けるとこのお菓子の成り立ちが
とてもいっぱい書き込まれた紙が入ってました。
情熱的やなぁと思い、
旦那さんとお茶の時間にいただきます。
1つずつセロファンにくるまれ、
型くずれしないようにケースに入り、個別包装されてます。
ガトーショコラ、とあったので
そんなにやわらかいの?と思いながら
お皿に移すと持った感じはふわふわ。
見た目は大きなカットの生チョコ。
食べるととってもしっとりでした♪

完全無農薬栽培のエクアドル産カカオに
北海道産白あずきが入って
日本で初めての有機チョコレートのお菓子だそうです。

すごくやさしい甘さのガトーショコラ。
これ、ハマるなぁ♪
お店のHPを見ると生ケーキもあるそうで、
求肥が使われてたり、カステラが使われてたり、
チーズケーキにあずきが入ってたりと
「和」を取り入れたものがたくさん。
『京都人の手による京都人のための 
 京都のフランス菓子』のお店と
お店の方が言ってらっしゃるようなので
素材やその使い方にこだわられているようです。

これは一度お店に出向かないと!
次、京都で両親に会ったときに
ドライブがてら連れてってもらおうと思います笑♪

晩ご飯まで御馳走になって
美味しいお土産までもらって、
ごちそうさまでした、ありがとう◎


[PR]
by juri_ri | 2009-03-07 16:14 | 美食倶楽部
<< 朝の光、夜のひかり。 春の香り。 >>