『めづめづ和文化研究所京都』

c0063808_17162566.jpg
『ダーリンは外国人』を立ち読みから購入して以来、
買い続けております。
小栗左多里さん&トニー・ラズロさんの本たち。
気づけばもう11冊ほどに笑
読んでてなんだか『ぷっ!』とか『ほっ♪』とか
楽しい気持になるので何度も読み返したりしてる。
つい先日、本屋さんで違う本を購入して帰ろうをした際、
見つけてしまった最新刊☆
『めづめづ和文化研究所京都』
大好きなお二人が大大大好きな京都について
書かれているので即買いでした笑

お二人が実際に京都で
香道から茶道、華道、弓道、
お煎茶や骨董、象嵌や友禅、和菓子などなどを
体験されて、説明やコラムなど満載してあって
かなり読み応えありでした♫
かじったことがあるものもあれば、
やってみたいな〜と思うものもあって、
好奇心は高まります。

ええなぁ〜、ええなぁ〜と言っていると
神戸人の旦那さんは
「俺は京都でやっていく自信はないな。」と
言います。
縦も横も繋がりのある京都。
石投げたら知り合いに当たるほど狭いといいます。
実際、私もそんなことが多々。
めっちゃ繋がりが浮かび上がってきます。
あと、やっかいと言われる本音と建前もね。
私にはそのやりとりが楽なんですが。。。笑

仕事を辞めて時間もできたことなので、
私も和文化研究したいなぁと思います。
おやかまっさんどした。



[PR]
by juri_ri | 2009-01-17 17:14 | お勉強
<< たこ焼きとマカロン。 ハンバーグ。 >>