とろり、と、ほっ。

c0063808_214833100.jpg
風の吹き方がヤバいです。。。
本格的な冬を芦屋で向かえるのはまだ三回目。
盆地、京都の底冷えのほうが
私にはまだ耐えれます。
風吹くのいやだ。。。

ので、ほっとあたたかいものに心奪われます。笑
二條若狭屋さんの『不老泉』
葛湯です。
お善哉とお抹茶とプレーンがあります。
写真はお善哉。
ちいさな千鳥が二羽プカッと浮いてかわいい☆
そして、入ってる箱がめちゃくちゃかわいい!
ひとつ一つ硫酸紙に包まれていて
「善哉」「抹茶」「片栗」と封シールがついています。
それもいちいち可愛いんです♫
箱の図柄は徳力富吉朗さんの版画。
雪月花を表してるそう。
徳力さんの版画ってだけで京都度が増す気がする。笑
大胆な構図でなのに繊細ないろ使い,いろの組み合せだから
学生の頃から好きだった。

京都を思い出すのもあるけれど、
この甘いとろりに、ほっ、とするのが
寒い日には心地いい時間になります。

明日もちょっと寒いって
みなさまもどうぞご自愛くださいませ。





[PR]
by juri_ri | 2008-11-19 21:45 | 美食倶楽部
<< 何度も聴く。 星屑の街。 >>